私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

久しぶりに森の中へ2016.6.21

梅雨が明けて太陽のまぶしい夏になりました。体もだるくなる毎日ですが、森に入れば小さな花に癒されます。この時期ムヨウランやホンゴウソウ属の菌従属栄養植物 (最近は腐生植物と言わないらしい。。)の花が見られます。
と言っても偶然見つかる事が多いですが、この日は早速シラヒゲムヨウランの花が見られました。花の径はせいぜい1cm程度の小ささ。久しぶりでした。
シラヒゲムヨウラン20160621

横からみると唇弁の上にふわっと乗った白い毛がよく見えます。
シラヒゲムヨウラン20160621

オキナワムヨウランではないかと思います。
数年前に何度通っても花が見られませんでしたが、思いついて行ってみたら、株は以前と同様にありました。これで高さ37cmでした。花後の姿です。
オキナワムヨウラン20160621

べつな所で花は1度だけ見た事がありますが、花弁はあまり開かない花です。咲いた花は斜上するので、これはもう種がはじけていますが、室果も斜上。
オキナワムヨウラン20160621

(左)蕾ですが、いつ咲くのかさっぱり分かりません。
(右)茎は硬く光沢があり、3角形の硬い長さ2~3mmの鱗片葉が目立ちます。
オキナワムヨウラン20160621

森の入り口でお会いしたYさんご夫婦に「コヤブミョウガの群生がありますよ」と教えて頂き、奥に進んで沢に出たらありました。
コヤブミョウガ20160621

果実が多くみられましたが、まだ花が残っている所もあって、繊細な花を楽しんできました。
コヤブミョウガ20160621

林縁でコバノミヤマノボタンが咲いていました。
コバノミヤマノボタン20160621

今が丁度見頃です。
コバノミヤマノボタン20160621

その後、シャシャンボの木に花がないかと探して回り、別な山を藪こぎして見つけましたが、大木過ぎて花が遠く上手く写せませんでした。でも初見の記念に。。
シャシャンボ20160621

この様子だと花が終わっていそうですが、どこかもっと近い所で見えないかなぁ。。
シャシャンボ20160621
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索