FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

九州へ 2016.04(3)

カイジンドウ シソ科
海風が吹く草地で見ました。花は高山植物の様な印象でしたが、長崎の明るい丘陵だったのでそうでもなさそうです。
カイジンドウ20160415

茎の先に花序ができ花が固まって咲いています。全体に細かい毛が多く花は紫色ですが、赤い萼片が目立っていました。これからもっと花が咲くのですね。分布に沖縄が入ると記されたサイトもあるんですが、見た事がありません。
カイジンドウ20160415

花をよく見るとキランソウに似ています。
カイジンドウ20160415


カキドオシ シソ科
春の野原ではよく見られるやや匍ふくする多年草。垣根を越すほど生えるからカキドオシとか。
kakidoisi201604014

二個ずつ並んだ花は可愛らしく、沖縄にあるヤエヤマスズコウジュを連想しました。
kakidoisi201604014

ヒメキランソウ シソ科
海岸近くの道のわきに生えていましたが、これがそう、と言われても始めはよくわからないほど低くびっしりと生えていました。ポコポコと頭を出しているタイトゴメの隙間を縫って生えています。
ヒメキランソウ20160415

撮った画像を拡大するとなるほど、と思いました。沖縄のヒメキランソウとは全然大きさが違ってこちらが小さいです。同じ物とは思えないほど。花は紫ですが白っぽいのもありました。
ヒメキランソウ20160415

花だけみるとキランソウに似ている。長崎のヒメキランソウは毛深い??(沖縄のものと比較してですが)
ヒメキランソウ20160415

ここは海風の強く当たる場所なので他で見るよりも詰まって生えているし、葉に厚みもあるのだと思いました。
pandaちゃんのヒメキランソウを拝見するとランナーを伸ばして増えていく所はこちらと一緒です。やはりヒメキランソウだと納得。
ヒメキランソウ20160415

キランソウ シソ科
こちらはやや湿った草地、道沿いや石垣などいろんな所で見かけます。沖縄にもありますがかなり少ない。
キランソウ20160415

これは石垣で。
キランソウ20160415

モモイロキランソウ  シソ科
花の色がピンクのもの。富士山の周辺でも見た記憶があります。
モモイロキランソウ20160416

紅く伸びる茎は結構太く有毛でした。
モモイロキランソウ20160416

コバノタツナミソウ シソ科
満開でした。花が良く目立ちます。
コバノタツナミ2016.4.15

基本種はタツナミソウで、こちらは変種でだいぶ小さいそうだ。
コバノタツナミソウ20160415

小さくても華やかです。
コバノタツナミソウ20160415

葉は径1cm程度。
コバノタツナミソウ20160415

オドリコソウ シソ科
これも見事に満開。ヒメオドリコソウよりこちらが好きだ。
オドリコソウ20160415

花が濃い紅紫色。
オドリコソウ20160415

紅いドレスの踊り子さん達。
オドリコソウ20160415

淡い色もありました。
シロバナドリコソウ20160415

白花のオドリコソウも。画面左側に並んでクルマバソウみたいなのはなんだっけ。 ⇒ヤエムグラでした。
シロバナドリコソウ20160415

スポンサーサイト



コメント

豪華~

 堪能しました。
 クルマバソウみたいなのは、ヤエムグラです。

みっちゃん先生へ

わぁ。。 早速すみません。
ヤエムグラ、、でしたね~。沖縄にもあるのになんだか別物に見えてしまいました。pandaちゃん達のおかげで、この後も豪華なものが続きます。みっちゃん先生、また宜しくお願いいたします。

シソ科の花

こまさん、お疲れ様です。
私もまだ沖縄の植物をまとめていないので、梅雨の間にゆっくりとまとめてみます。シソ科の花がいっぱいでしたね、volさんとこの模様の入ったオドリコソウには負けるけど。
沖縄は3月だったから忘れたものがありそうなので、チェックしてくださいね。

pandaちゃんへ

 pandaちゃん、こんばんは。3日間やんばるや海辺を歩いて来ました。
雨にもほとんど降られずに、梅雨も中休みって感じです。
九州の花はまだまだ残っていて時間がかかりそうですが、私の方もチェックお願い致しますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索