FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

カナワラビ属

ミヤコカナワラビ
オシダ科 カナワラビ属
始めてみるシダです。やや明るい感じの色と三角形の葉身、長い最下の第一小羽片が目立っていました。
ミヤコカナワラビ20160414

各羽片の先は細長くなり、羽片の数が多くなると分かりませんがこの個体は真上から見ると正三角形に見えます。沖縄でみたホソバカナワラビと似ている気がしますが、葉の色が違うなというのが印象です。
ミヤコカナワラビ20160414

とりあえず葉裏も。ソーラスの付いたものを探しましたがなかなか見つけられず、後で分かりましたがやや二形になるそうです。
ミヤコカナワラビ20160414

すぐ横にあった左側のものが胞子葉かなと撮りました。でも頂羽片がない事、羽片の間が空いていて、コバノカナワラビの胞子葉にも見えて決めつけられないでいましたが、後で光田先生にミヤコカナワラビの胞子葉を見せて頂き、これはミヤコではない事が分かりました。
ミヤコカナワラビ20160414
(メモ)
ホソバカナワラビに似るが葉柄の長さはホソバカナワラビほど長くない。
・葉先はなだらかに狭くなる。ホソバカナワラビの葉先は急に狭くなって頂羽片状。
・羽片の間隔はホソバカナワラビの様な隙間はあかない。
ミヤコカナワラビ20160414


コバノカナワラビ も近い所で結構ありました。頂羽片がない事で区別がつきそうです。
コバノカナワラビ20160414

こちらのコバノカナワラビは4回羽状深裂。
コバノカナワラビ20160414

オオカナワラビもありました。
オオカナワラビ20160414

ソーラスは辺縁寄りですが、沖縄のものはかなり辺縁よりなので違いがわかります。
オオカナワラビ20160414

カナワラビ属は他にもまだまだありますが、他の物にも会えます様に。。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索