私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オリヅルシダ

オシダ科 イノデ属

山地の林内に見られる常緑のシダ。葉は二形で胞子をつける葉は普通先端が伸びないが、つけない葉はしばしばつる状に伸びて先端に芽をつける面白いシダで、名前の由来がここから来ているという印象に残るシダでした。

オリヅルシダ20160416

胞子をつける葉は長楕円形、光沢があり羽片の先が細く尖りシャープです。

オリヅルシダ20160416

やや湿った岩のくぼみから葉を叢生していました。

オリヅルシダ20160416

これが胞子をつけない葉。葉柄が長く、中軸も先の方に長く伸び先端に無性芽を付けてそこで着床して根を張り新しい葉を叢生させる。クモノスシダ見たいですね。

オリヅルシダ20160416

根茎は塊状で短く斜上~直立、鱗片は広卵形~披針形、茶褐色。

オリヅルシダ20160416

羽片は三角状披針形でやや鎌状、基部には前側に耳状突起。

オリヅルシダ20160416

羽軸や葉裏には鱗片が多く、ソーラスは遊離しる脈上につき、中肋の両側に1~3列に並ぶ。包膜は小さく早落性。

オリヅルシダ20160416

ズンズンと下に伸びて行っている姿が面白かったです。

オリヅルシダ2016.4.16

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索