FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

アワボスゲ

低山地の明るい草地でみました。群生していましたが、足元は湿った場所だったかもしれません。ここのは草丈が30~50cm程度、密に叢生しています。
アワボスゲ2016.4.16

葉は有花茎と同長かやや長いのもあり、縁は特に上部にざらつきがあった。
アワボスゲ2016.4.16

頂小穂は雄性円柱形で5cm前後、柄は3.5cm。側小穂は雌性で3cm前後で上部のものは無柄、下部の雌性小穂にはそれより長い柄が付いています。
アワボスゲ2016.4.16

雄花、雌花が開花中。雌花には3岐する柱頭が見えます。
アワボスゲ2016.4.16

果胞は広卵形で雌鱗片より短い。
アワボスゲ2016.4.16

基部の鞘には短い赤紫色の葉身がある。けどうまく写っていません。
アワボスゲ2016.4.16

果胞は雌鱗片より短く、広卵形、先は急に短くなり口部は2歯、長さ3mm。
アワボスゲ2016.4.16

雄、雌鱗片には鋭い鋸歯のある長い芒がある。これは雌鱗片の芒。
アワボスゲ2016.4.16

痩果はゆるく果胞に包まれて倒卵形、稜があり、長さ2mm。基部と上部の短い柄はねじれている。
アワボスゲ2016.4.16

(実は以前にもこれより小さいアワボスゲを載せていましたが、環境が違う為かこちらのは小穂が大き目です。でも痩果や果胞のサイズは一緒でした。)
アワボスゲ2016.4.16
暫く更新が出来ていませんが、この先もこんな状態で、暇なときに予約で入れておく事が多くなると思います。レスが遅くなるかもしれませんが、ご指摘などありましたら宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索