私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

シロヤマシダ

イワデンダ科 ノコギリシダ属
湿った林道で、ちょっと車を止めて休憩した所で見かけました。
今まで見ていたシマシロヤマシダやコクモウクジャク、ニセコクモウクジャク等と比べると、葉身が卵状楕円形、最下羽片が小さいのでは? と気になる所があり、ソーラスも中間タイプなので、これは今までと違うのではと思いました。
シロヤマシダ20151110

葉身は2回羽状深裂、葉面の長さは52cm、最下羽片は長さ23cm。下から2番目の羽片は最下羽片より少し長め。葉柄は40cm。羽片は三角状披針形で、先が尖り、有柄。
シロヤマシダ20151110

根茎は細く地表近くを這い、鱗片は少ないです。と教えて頂いて再度見て来ました。
地表に近い所で径5~6mm位の根茎が30cmほど這っているのが指で軽く掘って確認出来た。この場所では2列這っていました。
葉柄は緑色~わら色で基部近くは黒褐色、径4mm程度。
シロヤマシダ20151110

鱗片は疎らで披針形~広披針形長さ約5mm、全縁で黒~茶褐色。コクモウクジャクの様な突起は見られない。
シロヤマシダ20151110

下部の大きい小羽片は三角状披針形、先が尖り、短柄~やや無柄、浅い鋸歯縁~中裂。
シロヤマシダ20151110

測脈は単状または分岐する。小羽片は下部のもので単柄が見られるが上部のものは無柄。
シロヤマシダ20151110

ソーラスは線形で中肋と辺縁の中間~やや中肋よりにつく。
シロヤマシダ20151104

やや上部の小羽片。包膜は膜質で、全縁だが早めに崩れるようだ。
シロヤマシダ20151110
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索