私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

クログワイかなぁ⇒イヌクログワイ

湿地に小さい花を咲かせたハリイ属がありました。ここでは有花茎の高さは小さいのは15~30cm程度。
resize52814.jpg

雌性期の花で、大きさからミスミイに似ているなと思いましたが、茎は円筒形、ミスミイは3稜形。
resize52817.jpg

これは雄性期。花序は有花茎の先に1個。
resize52820.jpg

すでに花が終わっているのもあります。
resize52827.jpg

水際からちょっと入ると高さ70~80cmに成長したものが密集していました。
resize52796.jpg

匍匐根茎は柔らかく長く繋がっていて、塊根があるはずだと探してみましたが、この周辺では探せず、全部掘るわけにはいきませんので、季節が過ぎれば出来るのか、それともできないままなのか今の所わかりません。
resize52823.jpg

葉鞘の基部は赤褐色。
resize52828.jpg

茎の径は小さいので2mm、大きくても3mm。中空です。下左側は膜で仕切られている所のため白く見えています。茎の内部は多くの膜で仕切られていました。
resize52809.jpg

円筒形の小穂は長さ2~2.5cm。
resize52799.jpg

鱗片の先は鈍頭。柱頭は2岐⇒3岐しています。
resize52832.jpg

鱗片の長さが5mmなのがちょっと気になります。
resize52801.jpg

刺針状花被片は痩果より長く下向きの剛毛をつける。痩果は剥いだすぐにはツルツルで模様が見えませんでしたが、
resize52804.jpg

2時間以上たつと白くなって模様がはっきりし見えました。前に見たイヌクログワイトクサイの痩果とは違うのでクログワイではないかと思いました。
resize52830.jpg

追加:もしかして柱頭3岐? とマムモムシさんにご指摘頂いて再度よく見てみました。ら。。3岐していました。
resize52833.jpg

柱頭の先がもつれているのが多かったのですが、分かりやすそうなものを選んでみました。(画像クリックで大きくなります)
resize52836.jpg

痩果の表面の模様を追加しました。鱗片はすべて5mm。刺針の長さは痩果の1.5倍程度でそれより長短あり。柱基の基部は不明瞭な盤状で痩果に連続する。
resize529141.jpg

~~~~~~琉球植物誌のトクサイの記述~~~~~~
根茎は短く長い匐枝を出す。有花茎50~80cm、下部で径2~3mm、円柱形。小穂は円柱形、長さ~2cm、やや有稜、幅3~4mm、鱗片は長楕円状円形、長さ4~5mm、鈍頭。痩果は広卵形、帯褐黄色、長さ、1.5~2mm、厚い両凸面形、光沢を有し縦条が多い。花柱は長さ5~6㎜、無毛、柱頭は3個、刺針は6~7個で長さ痩果のの2倍位に達し逆向にざらつき、雄芯は2個、葯は線形で長さ1~1.5mm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という事でトクサイの記述と一致しました。トクサイで大丈夫ですか。
追記: コメント欄でマツモムシさんに教えて頂き、再度痩果の表面を観ましたが、縦条は見られず、今の所「暫定トクサイ」という事で納得しました。今後も様子をみて観察を続けてみます。

追加(2015.10.21) 根茎の様子が気になって再度出かけてみました。少しだけ離れた場所でまだ小さいですが球茎を見つける事が出来ました。
イヌクログワイ20151020

根茎の観察が不十分でトクサイかなと思っていましたが、又トクサイの茎には隔膜がない事も後でわかったので、イヌクログワイとします。地元や他府県、外国の植物誌にはそれぞれ微妙な記述の違い等があり、それを丁寧に調べてくださったマツモムシさんのおかげでイヌクログワイとトクサイの両方の様子が分かって、感謝しています。
スポンサーサイト

コメント

もしかして柱頭3岐ではない?

 こまさん、こんばんは。
 期待を込めて書くのですが、2枚目と10枚目の画像を拝見すると、柱頭が3岐しているようにも見えるのですが、間違いなく2岐でしたでしょうか?もし3岐していたなら本邦初のトクサイの画像ということになります。そうでなかったら、有花茎の径3mm以下ということなので、クログワイでよいと思います。クログワイで栄養状態のよい溜池に生えるものは径4~5mmとなり、地下にできる塊茎も大きくなってイヌクログワイとの区別が難しくなります。これには何度も騙されてきました。
 クログワイ、イヌクログワイ、ミスミイ、トクサイの有花茎は雌性期のときは背が低く、ステージが進むにつれて背が伸びてきます。また機会があれば観察してみてください。

マツモムシさんへ、

 マツモムシさん、こんにちは。
 クログワイかもという事が頭にあって、柱頭を丁寧に見ていませんでした。小穂が残っていたので今度は丁寧に全部はがしてみたら3岐していました。鱗片の長さもちょっと短いなという疑問もあったのですがトクサイなら合致します。塊根がなかったのも納得なんですが、画像を追加しましたので見ていただけますか。

トクサイってトクサに似てるのかなあと思って検索したら 私の雑記帳の 南大東島の植物(2) がヒットしました^^♪
トクサに似てるんですね~。

volさんへ

 あ、そうそう、だいぶ前に大東島で見ていましたが、あの時は何もわからず、小穂や痩果を詳しく見ていないので、実際の所あまり自信がないです。確かに円柱形の茎頂に小穂、、(トクサは胞子嚢群でしたね)が付くところが似てるからこんな名前なのかな。間違えそうになりますね。

暫定トクサイ

 やはり柱頭は3岐していましたか。琉球植物誌の記述は、葯の長さまで記されかなりしっかりしていて、信憑性が高いと思います。今回のものについて、琉球植物誌や図鑑類との相違点があるとすれば、痩果表面の模様でしょうか。
 カヤツリグサ科のハリイ属、ホソガタホタルイ属(2003年にフトイ属から分離)、フトイ属では刺針状花披片の長短や、鱗片の長短は比較的変異幅が大きいことが知られています。  変異幅が少ないのは痩果と葯の大きさですが、クログワイの葯の大きさは明らかにされていません。こまさんの痩果画像では、痩果表面に明瞭な縦の隆起が見られない点で、琉球植物誌の記述とは完全に一致はしません。しかしながら、クログワイの完熟した痩果は茶褐色となり光沢があり、こまさんの画像のものとは異なる雰囲気があります。
 トクサイでなくとも、柱頭が安定して3岐し、痩果が黄褐に色熟す点で、従来のクログワイではなく、少なくとも変種、または別種として記載される可能性を有するものと考えられます。
 クログワイで柱頭3岐するものは報告されておらず、現時点では「暫定トクサイ」とすべきものだと思います。奥歯に物が挟まったような言い方で申し訳ありません。

マツモムシさんへ

 マツモムシさん、こんにちは。
 詳しく解説して頂いて有難うございました。昨晩から痩果の表面の模様をいくつも見ましたが、やはり縦条は見られませんでした。葯は残ったものの中で図ると1.5mm程度でトクサイの範囲内でした。まだ数回しか自生地に行っていなくて、もう少し観察を続けて痩果と柱頭も もつれて見えにくのも多くあったので、安定しているかどうかこれも課題にして観てみます。「暫定トクサイ」という事にとても納得しています。

トクサイ

こんにちは、こまさん
トクサイの特徴は柱頭が3岐なのですか?私、この写真を見ていて私のクログワイに似ているなぁと思いました。よく見ると私のも3岐なんです。今、ちょうど花が咲いてるかもしれないので、見てみますね。でも分布が南西諸島だものね ^m^

pandaちゃんへ

 pandaちゃん、こんにちは。 実はここ数日ず~~とハリイ属が気になっています。今日見かけたこちらのサイトでトクサイは稈の内部に隔膜がない事が特徴と書かれていました。↓↓
http://hoshinolab.main.jp/labo/colorzukan/harizk/tokusai/tokusai.htm
う~~ん、それで、もう少し前のイヌクログワイも近くにあったので、含めてまた様子を見に行かなけばと思っています。
pandaちゃん、又お出かけしたらクログワイを見せて下さいね。稈の内部の隔膜がどうなっているか知りたいです。

2転3転しますが

 pandaさんの掲示板でも書いたとおり、トクサイ(暫定)には隔壁がないことが確認されたので取り下げます。2転3転して申し訳ありません。三重で見たイヌクログワイの柱頭が3岐していたこと。あちらにも書いたように「鱗片は長さは幅の約1.5倍で、先端は円形で尖らず、白緑色で痩果が熟してもあまり色が変わらない。痩果は倒卵状楕円形で中央付近で最大幅がある。柱基の基部は不明瞭な盤状で痩果に連続する。」という神奈川県植物誌の記述と一致する点が多いことからイヌクログワイである可能性が非常に高くなりました。
 そしてリンクされている以前に掲載されたイヌクログワイの方は柱頭3岐ならpandaさんの縦条ありのものと同一かもしれません。
 私も来週あたりにでもイヌクログワイの痩果を確認してこようと思います。

マツモムシさんへ

 おはようございます。
昨晩は、日本各地や外国の記述まで調べて頂き、お時間をとらせてしまって、申し訳ありませんでした。
イヌクログワイの可能性が一番大きいという事ですね。私も再度自生地で良く観察してきます。今日はこれから実家に行きますので、ついでに前回イヌクログアイとしていたものも、近くなのですが、雌性期の開花はすでに終わっているかもしれませんが、茎の中が気になっているので見てきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索