FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

クグ(イヌクグ)

カヤツルグサ科 カヤツリグサ属
海に近い岩の上にポツンと花序を1個つけたのがありました。これは有花茎の高さが30cm、過去に見たオニクグと比べるとその小ささに拍子抜けした感じでしたが、小穂を見るにはちょうど良さそうだったので調べてみました。葉は有花茎より短くここのは長いので20cm程度。
クグ20150916

苞は5~6枚、花序より長い。
クグ20150916

花序は複散房状、分花序にはそれぞれ長さの違う短い柄がある。
クグ20150916

根茎は短く、地下は卵形の塊となっている。
クグ20150916

多数の小穂は開出してつき線形、長さは写真のもので3mm、小穂には小花を包む鱗片のほかに、下方に鱗片状の苞と前葉がつく。(小穂をとり除いた部分に残っているのが見える)pandaちゃんのブログで教えて頂きました。今回の小穂には1個の痩果が入っていましたが通常1~2個。
クグ20150916

麟片(痩果を抱いています)は淡緑色。
クグ20150916

痩果は長さ1.5mm、狭楕円形で鈍3稜形、柱頭は3岐する。
クグ20150916

オニクグとタイワンクグ(整理中)は大きさや痩果の数も違っている。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索