FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

スズメノヒエ

イネ科 スズメノヒエ属 
低地、低山地の草地見られる多年草。在来種。稈は束生し、直立、高さは30~80cm。この場所で高さは40~70cm程度でした。
スズメノヒエ2015.9.14

花序は3~5個の総からなり、総の長さは7~9cm。葉身は平らで長さ10~30cm。
スズメノヒエ2015.9.14

葉鞘、葉面、稈の節部はすべて軟毛に覆われる。
スズメノヒエ20150914

葉舌は高さ1mm、葉鞘の口部周辺はやや長い毛が多い。
スズメノヒエ2015.9.14

軸と総の分岐点には少数の長毛がある。
スズメノヒエ2015.9.14

小穂は総の軸に沿って2~3列に並ぶ。小穂は無毛~ほとんど無毛。葯は淡黄色。
スズメノヒエ2015.9.14

小穂はほぼ円形、およそ径2.6mm、画像のものは2.1mm。無毛~やや有毛。画像のものは微毛が見られる(左)。第一苞頴は消失していて第二苞頴は小穂と同長、中央の脈が目立ち膨らんでいる。第一小花の護頴は平らで無毛。
スズメノヒエ2015.9.14
スポンサーサイト



コメント

 こまさん、こんばんは。
 外形的にはスズメノヒエですね。小穂が小さかったり、第二苞頴にまばらに短い縁毛があるのは地域変異でしょうか。人によっては品種程度に捉えるかもしれません。台湾や中国ではそのあたりの記述がどうなっているのか興味深いところです。ちなみに、こちらのものでは縁毛は見られません。

マツモムシさんへ

 マツモムシさん、こんばんは。確かに小穂のサイズがちいさいですね。琉球植物誌の記載でも2.5~2.7mmでした。ちょっと気になりますが、一応このままにしておいて、他の場所でも見かけたら小穂のサイズや辺縁の毛等観察してみたいと思います。今頃はイネ科が花盛りで私もあれこれと目移りしてしまって、落ち着かなければと自分に言い聞かせています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索