私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

やんばる日記 2015.9.14

久しぶりにやんばるの渓流に行ってきました。暑さは8月に比べてだいぶ楽になりましたが、最近あまり歩いていないせいか、結構距離があったので、疲れました。でも、川に到着すれば涼しくて、花も見られたし気持ちよかったです。
リュウキュウツワブキ キク科
咲き始めました。
リュウキュウツワブキ20150914

この鋸歯のある葉が特徴、西表では葉の基部がくさび形になった本格的渓流タイプを見た事があります。
リュウキュウツワブキ20150914

そして、クニガミトンボソウが見られました。
ラン科 ツレサギソウ属
渓流の岩上、岩壁に苔やほかの渓流植物と一緒に生える多年草。
クニガミトンボソウ20150914

草丈は15~20cm程度。大きいのは30cm位にもなります。以前出かけていた処には最近行けてなく、別な自生地が分かってよかったけど、ちょっと遠い。
クニガミトンボソウ20150914

 葉は披針形で長さ10~12cm、幅5~10mm。
クニガミトンボソウ20150914

前夜からこの日の朝にかけかなり雨が降ったらしい事は周りの草の倒れ方で想像できました。
クニガミトンボソウ20150914

花はシンプルな緑色。
クニガミトンボソウ20150914

イタチガヤ イネ科 イタチガヤ属
林縁でも湿った石垣でもよく見かけますが、ここでは又いい感じで生えていました。
イタチガヤ20150914

茎頂につく1個の花序、長毛が目立ちます。
イタチガヤ20150914

オキナワヒメナキリスゲ カヤツリグサ科  スゲ属
渓流に生える繊細なスゲ。
オキナワヒメナキリスゲ20150914

岩の縁に生えるここのものは有花茎の高さは30cm。今ちょうど花が咲いていました。
オキナワヒメナキリスゲ20150914

向こう側のは多分50cm位はあると思います。
オキナワヒメナキリスゲ20150914

花序の上方は雄性、下方は雌性。
オキナワヒメナキリスゲ20150914

念のため雌小穂を調べました。果胞は1.8~2mm、短い剛毛がある。
鱗片は果胞と同長かやや短い。痩果は卵形でこれは長さ0.9~1mm、柱頭は2岐。どれも未熟で小さめでした。
オキナワヒメナキリ20150914

ヒメタムラソウ シソ科 アキギリ属
花は春から秋まで、長期間見ることが出来ます。渓流には欠かせない可愛い花です。
ヒメタムラソウ20150914

草丈は10~20cm。
ヒメタムラソウ20150914
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索