私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オニガヤツリ

カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
たまに出かける田んぼの奥で何かないかなと歩いていたら、見覚えのあるカヤツリグサ属が目に入りました。何年か前にみたものに似ていると思いましたが、あの時は水が深くて近寄れず、詳細はわからなかったので、始めからやり直してみます。有花茎の高さは大きいので1mを超えています。
オニガヤツリ20150904

葉は有花茎より短く30~50cm。花序は複散房状、長さ18cm程度、苞は3枚、長いので40~50cm。3~6本の花序枝が斜上、この写真のもので長いのは11cmありました。この場所のオニガヤツリは小穂が淡黄褐色になるタイプですが、他に濃赤褐色のものもある。
オニガヤツリ20150904

分花序には花穂が3~5個つく。中軸に対して直角に花穂が出ています。
オニガヤツリ20150904

中軸に剛毛が生えるのが特徴とあったので、ここでオニガヤツリで良いのではと思いました。
オニガヤツリ20150904

根茎を見たら繋がっていました。これで一株の1/4程度で根はちぎっていますが、図鑑では長い匍ふく根茎があると書かれています。基部の鞘は濃赤褐色。
オニガヤツリ20150904

有花茎の断面は鋭角の3稜形。上部はざらつきがありました。
オニガヤツリ20150904

葉は下面に中肋が突き出るV字型。幅は4~10mm。
オニガヤツリ20150904

小穂は狭楕円形、長さ7~15mm、10~20個の花をつける。
オニガヤツリ20150904

鱗片は広卵形、長さ2mm程度。
オニガヤツリ20150904

痩果は卵形、長さ1mm、横断面は3稜形、花柱は痩果とほぼ同長で柱頭は3岐する。
オニガヤツリ20150904

オニガヤツリと名前が付いていても、華やかな花序はなかなか綺麗だと思います。以前にみた時は沼地でしたがとてもいい雰囲気でした。⇒2008.8.16
スポンサーサイト

コメント

オニガヤツリ

 小穂が淡黄褐色になるタイプのオニガヤツリですね。地下茎を伸ばしてふえるので、休耕田では大群生となることもあります。なかなか格好良いカヤツリグサなので、時々持ち帰って投げ込みに生けたりします。小穂が濃赤褐色のものと淡黄褐色のものと両方あるとさらによいのですが、なかなか同じ場所には生えていませんね。

マツモムシさんへ

こんにちは、マツモムシさん、
 オニガヤツリは淡黄褐色とばっかり思っていましたが、マツモムシさんのHPを拝見して濃赤褐色もあるんだなとわかりました。赤いのも綺麗だろうなと思います。どこかにあるかな、探します。休耕田は毎年同じ姿とは限らないので、新しい発見があったりして楽しいです。大群生をみてみたいな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索