私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オオクサキビ

イネ科  キビ属
最近、道端や林縁、草地でよく見かけるようになりました。稈の高さは大きいので1m、葉は稈の長さの半分以下。これが繁茂すると道幅がだんだん狭くなってきます。
resize50985.jpg

花序は大きく長さ、幅も20~25cm、枝は斜上又は開出して多数の小穂をつける。
オオクサキビ20150806

枝の上半部に小穂が集まって付き、小穂には柄があり、枝に寄り添ってつく。
resize50990.jpg

葉鞘に包まれる若い花序。
オオクサキビ20150806

稈は膝曲がりした基部から不規則に分岐する。
オオクサキビ20150806

葉や稈は無毛だが、葉鞘の基部周辺には白毛があった。
オオクサキビ20150806

葉舌は低くへりに毛が生える。白い毛は個体差があり少ないのも有るようです。
オオクサキビ20150806

葉は無毛で白い中脈がある、幅はこの画像のもので16mm。縁はざらつく。
オオクサキビ20150806

小穂は狭い長楕円形、第一苞頴は小穂の長さの1/3弱。第二苞頴と第一小花の護衛はどちらも小穂と同長、5~7脈をもつ。
オオクサキビ20150806

これは別な場所で見た花序。
オオキサキビ20150731

小穂は一部淡い紫色を帯び、葯は橙色、柱頭は紫褐色。
オオクサキビ20150731
北米原産の帰化植物。ヌカキビにも似て、葉鞘基部の有毛のところが気になりましたが、花序の枝の付き方の様子からオオクサキビとしました。
スポンサーサイト

コメント

オオクサキビ

 間違いないと思います。クサキビならば小穂がもっと寸詰まりで丸っこく感じます。オオクサキビはこちらでも広場のような客土のある場所でよく見かけるようになりました。剛毛の多いハナクサキビは港湾近くにあるようですが、まだ里山付近で見たことはありません。

マツモムシさんへ

 オオクサキビで大丈夫でしたか、ウエブサイトで見る画像や、図鑑でみても葉鞘の口部周辺の毛が多くないように思えて、ちょっと不安がありましたが、良かったです。ハナクサキビを調べてみたら葉や茎全体に毛が多そうですね。クサキビとハナクサキビも今の時期だと思うので、見つけたいと思います。実際は見ていても多分今まで気が付いていなかっただけかもしれませんが、いつも特徴を教えていただいて、少しずつイネ科がわかりかけてきました。ありがとうございました。今日は旧盆の中日で、これから明日まで実家に出かけてきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索