私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

海岸植物

オキナワマツバボタン


オキナワマツバボタン
スベリヒユ科 スベリヒユ属
撮影時間は午前10時30分、日当たりのよい午前中のこの10~11時頃が開花のベストな時間帯です。この日は多数の花が開花していました。
オキナワマツバボタン

花の径1cm、ヒメマツバボタンより少し小さめです。
オキナワマツバボタン

シロミルスベリヒユ
ツルナ科 ミルスベルヒユ属
同じ海岸でオキナワマツバボタンの開花午前中には咲いていなくて、別な日の午後3時半に撮りました。
シロミルスベリヒユ

ここのシロミルスベリヒユはやや他の場所のものと違うと最近話題になったので、花を撮ってみた。葉が肉厚で先も丸く、花弁の先端も幾分丸みを帯びるというのが特徴らしい。
シロミルスベリヒユ

詳細は他のものと比べながら今後気をつけてみようと思います。
シロミルスベリヒユ

マメ科 コマツナギ属
別名をナハエボシグサ。海岸の岩上や芝の上を這って広がる多年草。特に珍しくはありませんが、この日は花がとても良く咲いていたので撮りました・
ミツバノコマツナギ

この赤い小さな花に目を惹かれます。
ミツバノコマツナギ

線形の莢果は長さ1.5~2cm。
ミツバノコマツナギ

種子は熟すると赤くなる。1個の莢に6~8個。
ミツバノコマツナギ

シオカゼテンツキ
カヤツリグサ科  テンツキ属
根茎が岩上にこんな風に残っているのは初めて見ました。
シオカゼテンツキ

リュウウキュウウマノスズクサ
ウマノスズクサ科  ウマノスズクサ属
初めは何だろうと思って近寄りました。葉をみてやっと分かる。
リュウキュウウマノスズクサ

果実がこんな風に弾けていた。先端から6裂した姿。
リュウキュウウマノスズクサ

種子は多数。
リュウキュウウマノスズクサ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索