FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

西表のカヤツリグサ属⇒ヒメホウキガヤツリ

カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
ちょっと寄ってみた休耕田の近くでこんなカヤツリグサ属を見ました。やや上方から撮っているので花序が大きく見えますが、有花茎の高さは80~100cmはあります。葉は花序より短く、苞葉は花序より長いのも短いのもあります。すでに果実期のピークも過ぎていましたが、熟した痩果は残っているので調べてみる事にしました。
resize201507311.jpg

複生する花序は高さ20cm前後、長さ不同の10個位の花序枝が斜上しています。小穂の付き方は束状につき、複散房花序。苞葉は長さ不同で花序より長い物は3~4個、短いものも同数位ありました(数は数えていません)葉縁は葉も苞もざらつきがある。
resize50724.jpg

葉、鞘部は繊維状に分解せずそのまま残り無毛、淡黄色から淡褐色へ。有花茎の表面は滑らか。
resize201507315.jpg

全草。有花茎の長さは100cm程度。葉鞘の基部は太くなり暗褐色、硬く、根茎は短く太く球形状。
resize20150731.jpg

葉はM型、写真のもので幅10mm、縁はざらつく。
resize201507317.jpg

有花茎の(中間位)断面は鈍い3稜形、径5mm。
resize50723.jpg

resize201507314.jpg

↑の小花序の数の多い物を外してみました。数は10個以上。
resize201507313.jpg

小穂は円柱状、長さ約10mmで扁平、小花は8~10個、
resize201507316.jpg

鱗片は長さ2.2mm、痩果を抱いていますが、長楕円状卵形、辺縁は広い膜状、脈が数個、竜骨は緑色。
痩果は長さ1.3mm、鱗片の2/3の長さで、成熟時は暗褐色、倒卵形、やや扁平状3稜形、嘴がやや長い。顕著な網目模様がある。
柱頭は3岐する。
resize201507318.jpg

この姿からもしかしたらオオホウキガヤツリではないかと、日本のカヤツリグサ科図譜を捜しましたが該当する物がなく、学名から画像検索で中国、台湾や他の所を捜してみましたら、いくつかヒットしました。でもオオホウキガヤツリは「鱗片の大きさと、小穂が軸に反り返り気味についておらず、束状に出ている点が異なっています」と助言を頂き、更に中国やパキスタン、台湾のカヤツリグサ属を捜しているうちに似た画像が出て来たのと、知人からヒメホウキガヤツリではと教えて貰ったのでその辺に的を絞って画像検索して、観察したものと照らし合わせてみました。
Plants of TAIWAN の Cyperus nutans の形態の記述や琉球植物誌(ヒナホウキガヤツリは多分ヒメホウキガヤツリ)の記述とはほぼ一致しますが、琉球植物誌では痩果は鱗片とほぼ同長とある所が一致しません。Plants of TAIWAN の記述ではAchenes obovate 、2/3 as long as giume glumeとあり、翻訳が合っていると痩果は包頴の2/3となる訳で此処が良く分かりません。 giume glume=鱗片なら大体一致するのですが。。。
と言う事で、私の判断では一応ヒメホウキガヤツリとしました。文献の翻訳は完ぺきではないので間違いかも知れませんが。
コメント欄でマツモシさんより「giumeですが、これはglumeの間違いで、「頴=小花を包むもの」を表し、鱗片と同義ですので問題ありません。 」と教えて頂きましたので痩果のサイズもこれで記述通りとなり、ヒメホウキガヤツリで良い様です。

Plants of TAIWAN
http://tai2.ntu.edu.tw/PlantInfo/species-name.php?code=627%20006%2014%201
形態特徴
http://tai2.ntu.edu.tw/PlantInfo/species-des.php?code=627 006 14 1
他琉球植物誌を参考。
スポンサーサイト



コメント

大変でしたね

こまさん、こんばんは
沖縄の植物は図鑑に載っていないものが多くて大変ですね。でも、大発見かもしれなくて、ワクワクします。
台風がそちらへ向かっています。大きいからきをつけてください。その後、こちらへ向かってくるのかな?

pandaちゃんへ

こんばんは~ pandaちゃん。
 大きな台風が2個出来ています。この先どういう進み方なのか気になりますが、又暑くなって来ました。でも、先日東京の孫が遊びに来ていましたが、空港に着くなり、涼しいと言っていました。県外の皆さんは此処よりも暑いかもなんですね。
 このカヤツリグサ属は現地で見てしまったので、通り過ぎるわけにはいかず。。。(´。`;)とほほ・・・ もしかしたら勘違い?何度も行ったり来たりですが。。 まだまだ道のりは長いですが、頑張らねば。

あめでとうございます!

 こまさん、こんばんは。
 とうとう正体を暴かれましたね!超稀少種ヒメホウキガヤツリの決定版です。
 giumeですが、これはglumeの間違いで、「頴=小花を包むもの」を表し、鱗片と同義ですので問題ありません。

 台風シーズン突入ですが、お気をつけ下さい。といっても、もう慣れたものでしょうが。こちらに沖縄並みの台風が来たら、不慣れなのでひとたまりもないでしょうね。

ありがとうございました。

 マツモムシさん、こんばんは。ヒメホウキガヤツリで良かったですか。ふぅ。。ほんとに良かったです。ご指導を頂いて英語の記述を訳してみましたが、giume(私の誤記です)⇒glumeについての解釈は此処まで到達出来ていなかったので、最後でつまずき自信がなかったです。これでスッキリしました。
ブログのほうはこれから少し追加記述を入れます。

 台風はカクっと進路変更して沖縄に向かって来ました。いつもの事ですが、食料は今日で確保、明日は家の周辺を片付けます。慣れてはいますが気は抜けません。台風のせいで野山の植物もダメージを受けるので、今日は雨で倒れてしまう前にハリイ属を見て来ました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索