私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

メヒシバ

上の周りにや空き地、草地に沢山生えています。オヒシバは頑丈に見えるからすぐ分かるけど、これは初め葉鞘に毛が少ないから初めコメヒシバだと思っていました。
メヒシバ

稈の先に出来る花序は基部から放射状に斜め上に総が3~8個伸びています。(コメヒシバは通常2~4個)
メヒシバ

花序の中軸の周りに多少段をつけて総が輪生する事が多い。
メヒシバ

葉の基部や茎を抱く葉鞘口部には毛が多く、葉の上下、鞘全体は無毛でした。これは個体差が有るようです。
メヒシバ

メヒシバ

小穂は披針形、長短2種の柄のものが対になって並ぶ。
総の花軸は扁平で翼があり、翼のへりに小刺針が並びざらつく(コメヒシバはざらつかない)
メヒシバ

小穂の長さは約3mm、第一包頴は三角形でとても小さい。第二包頴は披針形白い長毛が並ぶ。
メヒシバ

全草です。稈の高さは30~70cmと様々。葉は5~10cm。茎は節部から根が出ていました。
メヒシバ
スポンサーサイト

コメント

メヒシバ・アキメヒシバ・コメヒシバ

 メヒシバですね。コメヒシバはもっとずっと小さくて、一度認識すればまず間違えることはありません。葉も花序も小さいです。コメヒシバはよく庭に生えてきて草むしりの時に分枝した茎基部が残ってイライラさせられます。
 コメヒシバよりもむしろアキメヒシバのほうが間違えやすいでしょうね。大きさはメヒシバとほとんど変わらず、草体は紫色を帯びることが多く、小穂が少し小さくて2mm前後になります。

マツモムシさんへ

こんばんは。今、石垣島からです。
メヒシバで大丈夫でしたか。草むらの中には、色々混ざっていたようで、とにかくひとつづつ解決して行こうと思っています。アキメヒシバも気にとめておきます。
八重山で新しいスゲがみつられる様に、頑張って来ます。
それにしても、今日は暑かったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索