FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ミドリカナワラビ

オシダ科 カナワラビ属
これは熊本の渓流近くでみました。雨に強いコンデジとは言え暗かったのでブレが多いですが、名前を教えて頂いたので、カナワラビ続きで載せます。
葉身は3回羽状深裂~複生し長卵形、鮮緑色で光沢がある。葉面の長さはこれで30cm近くあったのではないかと思いますが、正確には測っていません。触るとしなやかに揺れて、オオカナワラビの仲間とはちょっと雰囲気が違いました。
ミドリカナワラビ

最下羽片あたりです。標準のミドリカナワラビに比べると葉が細いこと、切れ込みが深い様ですが、ミドリカナワラビの一型という事で、良い様です。似たものでサンヨウカナワラビ(コバノカナワラビとの雑種)やイツキカナワラビが有るらしいですが、一応メモを残しておきます。
ミドリカワラビ

小羽片です。耳の出方がカナワラビの様なでっぱりはなく優しい感じ。ソーラスは中間型。胞膜が有る時はもっと大きく見えると思います。葉裏の脈状には圧着した毛がつくのも特徴ですが、濡れているのでここでは判りませんが一緒に撮った友人が確認してくれました。
ミドリカナワラビ

葉柄は淡紫色を帯びる。これで良いかな。
ミドリカナワラビ

これはやや離れた場所に生えていたものです。
またいつか会えます様に!というか、もう一度この場所に行ってみたいなぁ。
ミドリカナワラビ
スポンサーサイト



コメント

明日から東京です

こまさん、こんばんは
シダとスゲをしてると、どうしても皆から遅れてしまうし、花も樹木も面白いから、ついつい中途半端になることが多いです。もっと奥のほうまで行けるから、また来てくださいね。
ミドリカナワラビは小さいものしか見たことがなかったので、半信半疑だったのだけど、ミドリカナでうれしかったです。

pandaちゃんへ

 こんにちは。今頃は東京へ移動中かな。楽しんで来て下さいね。関東のカヤツリやシダ、花情報も楽しみにしています。
 九州は又行きたいなと思っています。いつも行くのは何処でもすみれの季節なので、シダには早い事が多くて、それなりに季節を合わせないといけませんね。
カナワラビの仲間も難しいですね。葉が柔らかいし、こんなのもあるんだなと、勉強になりました。まだまだシダも入り口なので、また一緒に歩いて下さいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索