私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オオカナワラビ

オシダ科 カナワラビ属
これは神奈川県でみたものです。沖縄本島にあるヤクカナワラビとオキナワカナワラビは神奈川にはなさそうなので、これはオオカナワラビ(カナワラビ)で良いのではと写して来ました。葉身は頂羽片のはっきりした卵状長楕円形。羽片は有柄で線状披針形、基部が最も幅広く、先に向かって次第に狭くなり、先は鋭く尖る。
resize48303.jpg

基部の側羽片の最下小羽片は羽状に全裂し、下側の第一小羽片は特に著しい。
resize48306.jpg

頂羽片ははっきりして、側羽片と同じ大きさのものがつく。
resize48304.jpg

小羽片は長楕円形、鋭頭~やや鈍頭、基部は前側が切り形、後側はほとんど欠落してくさび形。
resize48305.jpg

辺縁には先が棘に終わる鋸歯がある。ソーラスは辺縁近くに着き、毛や腺毛がある(これは胞膜が破れていて確認出来ませんでした) ヤクカナワラビやオキナワカナワラビに比べるとやや内側に見えました。
resize48308.jpg

これは同じ場所の別な個体です。ハカタシダ風にも見えるんですが、
resize48301.jpg

ソーラスの位置が微妙に辺縁寄り。ハカタシダはもう少し細かい鋸歯だった様に思うので、やはりオオカナワラビで良いかな。 ⇒良いと教えて頂きました。オオカナの小羽片は多少平行四辺形に近づく。resize48302.jpg
スポンサーサイト

コメント

これもピンポン!

 オオカナさんですね。ほぼ典型品です。平凡社のシダ図鑑のカナワラビにあたります。
 オキナワカナやヤクカナでは、ソーラスはたしかにもう少し外寄り。オキナワカナはぎりぎりはじっこというべきでしょうが。
 ハカタシダと迷う人がいますが、オオカナの小羽片は多少平行四辺形に近づくので、覚えると間違えることはありません。

みっちゃん先生へ

 お帰りなさい~! 早速ピンポン、有難うございます。
沖縄のに比べたらソーラスの位置が幾分内側だなぁと思いました。これでオオカナワラビ3兄弟がどうにか、分かりました。小羽片の形の特徴、メモしておきます。
あとは機会がある時に根茎が見れたらと、これは自己宿題にします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索