FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

アワボスゲ

カヤツリグサ科 スゲ属 
福岡へ行った時やや湿ったこんな草地で見かけました。有花茎の高さは30cm前後でした。葉は有花茎と同長か長い(図譜より) でもこの写真では良く分かりませんね。
アワボスゲ

頂小穂は雄性で線形、側小穂は雌性で円頭形。
アワボスゲ

根茎は見ていませんが、群生して生え、密に叢生する。この場所ではやや疎らでした。
アワボスゲ

基部の鞘は短い葉身があり、赤紫色。
アワボスゲ

この写真のもので雄小穂は長さ1.2cm。雌小穂は約1.5cm。下部の雌小穂は有柄。
アワボスゲ

葉の幅は5mm、有花茎は三稜形。
アワボスゲ

雌麟片は果胞より長く、鋸歯をもつ長い芒がある。(鋸歯は画像拡大で確認しています。)
果胞は広卵形、長さ3~3.5mm稜間に多数脈があり無毛。短嘴で口部は2歯。柱頭は3岐する。
アワボスゲ

痩果は倒卵形で三稜形、長さ2mm。痩果頂部から続く花柱基部が曲がり(曲がらないものもある)、痩果基部の短柄状部分も曲がる。これがアワボスゲの特徴。(マツモシさんに教えて頂きました) 
アワボスゲ

果胞は乾燥すると黒色に変色する。(ライトをあてていますが、実際は真黒)
アワボスゲ

本来は50~70cm位の草丈だそうで、この日見たものは小さめでしたが、果胞や痩果のサイズは通常のもと変わりませんでした。
スポンサーサイト



コメント

これもシンクロニシテイ?

 私も先日の日曜日に池の近くの草原で見かけました。60センチくらいのスラリとした姿で、新条基部の赤紫色が鮮やかでした。
 コウヤコケシノブは、問題ありませんでした。
 今日から月曜昼まで、松山の実家にいます。ご返事・コメントできないと思いますが、よろしくです。

みっちゃん先生へ

 おはようございます。お忙しい中を有難うざいます。個体数は少ないと聞いていましたが、みっちゃん先生もご覧になりましたか。へ~!面白いというか、楽しいです。
 コウヤコケシノブは「しだの図鑑」の検索表のコケシノブ属の一番目に出て来て、裂片の鋸歯がはっきりしていて自分でも名前にたどり着いたのですが、お墨付きをいただけて安心しました。松山は今梅雨期でしょうね、お気をつけて行ってらっしゃい!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索