私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

福岡へ(2)

ラン科の植物をまとめてみます。
サイハイラン  ラン科 サイハイラン属
山地の林下、林縁に生える多年草。この花は前日の熊本でも見ていましたが雨のせいで良く撮れていなくて福岡の分だけにしました。花は茎頂に10~30個密生してつく。あまり開かずこんなかんじで開花の様です。
サイハイラン

通常、長楕円形で長さ25~40cmの1枚の葉をもつ。
サイハイラン

花の下側に紅い唇弁が少し見える姿は良い感じでカッコいい花だと思いました。
サイハイラン

シラン ラン科 シラン属
通路の左右たくさん花を咲かせていました。これだけの自生を見たのは初めてです。沖縄では以前石灰岩の山の崖地で遠くから見た事はありましたが、今では園芸種として花壇で見るのがほとんどです。
シラン

葉は長さ20~30cmで葉脈が目立ちます。
シラン

花は紫紅色。
シラン

ハシナガヤマザキソウ  ラン科 ツレサギソウ属
これも歩く途中で良く見かけました。花が緑色なので初めは目につきませんでしたが、良く見ると面白い形の花です。沖縄で見るクニガミトンボソウの仲間。
ハシナガヤマザキソウ

「アシナガヤマザキ。。」と名前を思い出そうと誰かがつぶやくと、「足の長いのは俺!、これはハシナガ。。。」 「ぷぷ。。^^;」
ハシナガヤマザキソウ

良く咲いているのをみると距がかなり長くて、これが和名の由来とか。。
ハシナガヤマザキソウ

花を正面から。踊っている様だ。
ハシナガヤマザキソウ

距の長さを測ってみたら3cm以上ありました。
ハシナガヤマザキソウ

ツレサギソウ  ラン科 ツレサギソウ属
あと少しで開花の株でした。高尾山でもあった様に思いましたが、今はどうなかぁ~。。
ツレサギソウ

キンラン  ラン科 キンラン属
凄い!こんな野生ランがまだあるなんて。。覗いてみてビックリしました。
キンラン

丁度良く咲いている姿を見られて良かったです。感謝♪
キンラン


ムギラン ラン科 マメヅタラン属
樹幹にびっしり付いていました。花もきっと小さいはず。。
ムギラン

バルブ(偽鱗茎)に葉を一枚つける。
ムギラン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索