FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

カミカワスゲ

カヤツリグサ科 スゲ属
湿地や草地に生える多年草。他の草と混ざって見にくい画像になってしまいましたが、手前の細めの葉で叢生する草です。有花茎の高は30~35cm。葉よりやや高めか同長さでした。
カワカミスゲ

小穂は頂小穂は雄性で腺柱形、側小穂は雌性で短柱形、下のものには短い柄を持つ事がある。
カミカワスゲ

苞の葉身は刺状、上部のものは鱗片状である事が多く、鞘は短い。
resize47363.jpg

基部の鞘は褐色~暗褐色、光沢があり著しく繊維状に細裂する。(画像のものはあまり光沢が見られません)
resize47369.jpg

葉の幅は2~5mm、ざらつく。
カワカミスゲ

雄性の小穂は長さ1.5~2cm。雌性の小穂は長さは0.5~1.5cm。
resize47364.jpg

雌鱗片は淡褐色で鋭頭~短芒、果胞より短い、左のものはやや同長。果胞は卵形、疎らに毛がある。
resize47365.jpg

痩果は倒卵形、頂部には小さな盤状付属体がある。柱頭は3岐する(拡大画像で確認しています)
resize47368.jpg

分布は本来北海道、本州(中部以上北)、そして九州(大分県)になっていましたが、これは熊本県で見ました。大株で葡ふく根茎はないというのも特徴なのですが、根茎は確認していません。
スポンサーサイト



コメント

豪華ですねぇ

 「熊本へ(4)」も豪華でしたが、カミカワスゲのページは別の意味で豪華ですねぇ。九重から南にかけての阿蘇山系にはあるということ、しかも本州中部以北から隔離分布。これだけでも絶滅寸前種レベル。今のところ大分でも熊本でも指定がないようですが、このページがきっかけになって、きっと指定されますよ。
 写真は例のTG-3で? 顕微鏡(モード)写真は、日本のトップレベル。pandaちゃんがうらやましがるわけですね。
 とりあえず、稀少種おめでとうございます。

みっちゃん先生へ

 こんばんは~。なにしろpandaちゃんとそのお友達に案内して頂いたものですから、中身の濃い2日間でした。ほんとはもっと丁寧にアップしたいですが、1個づつやると100日はかかりそうな程沢山見せて頂きました。
 カミカワスゲは写している時は名前も知らずだったので今になって、あ~もっと丁寧に撮れば良かったなぁと反省しています。その分、分解は気持ちを込めました。カメラはそうです。先生に教えて頂いて購入して顕微鏡モードが大活躍しています。痩果を見るのが楽しくなっています。

TG-3

こまさん、こんばんは
写真はTG-3で撮られたのですか?思わず検索してみました。マクロの合成写真に指が反応して「購入」をクリックしてしまいそうでした。でも、秋に壊したレンズもまだ買っていないし・・・でも、防水と衝撃につよいというのもいいなぁ・・・と、頭の中は完全にとりこになっているもよう。でも、こまさんだから使いこなせているような気もするのです。ズボラな私は何を使ってもダメかも。
こまさん、暗いところでもきれいに撮れますか?
地元の私も、まだスゲまでアップできないでいます。こまさん頑張ろうね。

pandaちゃんへ

 また2日間、実家とやんばるでした。梅雨の最中なので雨が降っていなくても山の中でもサウナに入っている感じでしたが、それもみんなで一日中遊んで来ましたよ。
 TG-3は詳細を撮るのになかなか便利です。先日の雨の日でも心配しないで写しました。ただ植物の全草を撮る時は普通のコンデジなので、不満があります。カヤツリグサは花も地味だし、周りに似た様な草も多いので難しいですね~。
シダには結構良いのではと思っています。暗い所はフラッシュを使いますが、光量は適宜でなかなかいいよ。スゲはあとひとつ残っているので私もがんばりまっす。また教えてね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索