FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

旅先の花(2) 2015.4.18~23

草本をまとめてみます。
クチナシグサ ゴマノハグサ科
リュック隊のみんなと2日目におにぎりを食べて休憩している広場に咲いていました。日当たりのよい草地、土手、二次林の林縁などに見られる2年草で半寄生植物。これは狭山丘陵で。
resize46424.jpg

茎は地表を這ったあと斜上、葉は対生で線形、葉腋に白い可愛い花がついていました。
resize46421.jpg

白い花は筒型で先は5裂、初めケニオイグサを連想しましたが、こちらは花も葉も茎も大きめ。クチナシの果実に似るのでこの名前だそうです。
resize46423.jpg

ヒトリシズカ  センリョウ科 チャラン属
草丈15~30cmの多年草。チャラン属という面白い名前に属するので他には。。と検索してみたらフタリシズカ、キビノヒトリシズカというのが有るらしい。キビノヒトリシズカは西日本の兵庫から長崎にかけて分布、見てみたいなぁ。これは高尾山で。
resize46532.jpg

賑やかだ。毎年見ているのに良い姿があったらつい写してしまう。一人で立っている姿はわりと少ない。
resize46534.jpg

マルバコンロンソウ アブラナ科 タネツケバナ属
草丈7~20cmの2年草。あ、出てきたタネツケバナ属。これは高尾山で。倒れたイノデ類のシダの葉の上にロゼット状の根生葉を広げ、側小片は広卵形~倒卵形で柄があり、頂羽片が一番大きい。
resize46542.jpg

葉、茎、角果、柱頭にも白い毛が有りました。
resize46573.jpg

resize46564.jpg

ショッカサイ アブラナ科 オオアラセイトウ属
高さ60cmの2年草。難しい名前がついていたので、え!っと思いましたが、別名ハナダイコンの事でした。もう一つオオアラセイトウという名前がついている。中国からの帰化植物で高尾山、狭山丘陵、群馬でも見かけました。
resize46553.jpg

これはその白花。風が強く吹いていて、花や葉が踊っている感じで写りました。
resize46551.jpg


カントウタンポポ キク科 タンポポ属
タンポポも良く見ないと色々あるらしいので、取りあえずセイヨウタンポポとの区別を見ておきたかった。
resize46503.jpg

総包外片が反りかえらない。。。幅は広く見えます。 pandaちゃんのブログに詳しく載っていましたよ。
resize46502.jpg

ウスバサイシン ウマノスズクサ科 ウスバサイシン属
山地の湿った林下で見られる多年草。葉は対生で多くは2個、心形~円腎形、先は尖る。これは群馬県で。
resize46561.jpg

花は暗紫色、で2枚の葉の葉柄の間から1個。萼筒は扁球形。
resize46568.jpg

ヒメカンアオイ ウマノスズクサ科 カンアオイ属
山地林内で見られる多年草。これは長野県で。葉は腎円形または広卵形で先が丸い。
resize46575.jpg

resize46577.jpg

花は淡緑色~暗紫褐色。萼筒は筒型で先は大きく3裂する。
resize46579.jpg

カンアオイ ウマノスズクサ科 カンアオイ属
関東から近畿地方の産地で見られる多年草。これは狭山丘陵で見かけました。葉の模様に変化が大きく、何か所かで葉を見たりしました。葉の形が徳川家の葵の御紋に似ていることと、冬に咲くからカンアオイ。
resize46565.jpg

4月でも花は良く咲いていましたが、中心の花より萼筒が良く目立ちます。
resize46583.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索