私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

カンスゲ

カヤツリグサ科  スゲ属
高尾山の林縁でみたスゲです。見事な大株が出来ていました。有花茎の高さは30~50cm位で葉はそれより長い。冬でも枯れない常緑のスゲなんですね。
resize46375.jpg

すでに結実していました。これも春早々に花が咲くのですね。雌小穂の所どころに炭化したようなものが見えるのがちょっと気になっていますが、病気かな。
resize46377.jpg

頂小穂は雄性、線形でこの時見たものは長さ5~6cmあった。側小穂は雌性で円柱形、長さ3~4cm。
resize46380.jpg

葉を写して来て良かったです。こちらはゆるいV字型。オクノカンスゲはM字型になるらしい。
resize46381.jpg

↑表側、↓裏側、葉縁には上向きの刺状突起が並び上向きにざらつく。
resize46399.jpg

雌小穂は明るい黄緑色。
resize46393.jpg

雌鱗片は上半分は赤褐色、鋭く尖るか短い芒がある。
果胞は雌鱗片と同長で、卵形、長さ3mm、上部は次第に狭まって(これは急に狭くなっていました)嘴は長く、外側に開く。
resize46396.jpg

痩果は倒卵形、長さ2mm、3稜形で下方が凹む。柱基の円盤状の付属物は小さい。1個の雌花序の中に褐色に結実したものと未熟なものがあった。(画像右端) 柱頭の画像がありませんが、痩果が3稜形なので3岐すると思います。
resize46406.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索