私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヒカゲスゲ

カヤツリグサ科 スゲ属
関東の山を歩いていたら何か所でも見かけました。赤い鱗片や倒卵形で毛の多い果胞を目安に捜してみたらヒカゲスゲにたどり着きました。密に叢生し有花茎は高さ20~40cm程度でした。
resize46298.jpg

花期は4~6月という事ですが、すでに果実期に入っていたので良かったです。
resize46299.jpg

頂小穂は雄性、側小穂は雌性。
resize46300.jpg

苞は葉身は刺状に尖り、有鞘。
resize46303.jpg

雌鱗片は紫紅色、中央部は緑色、先は鋭く尖るか短い芒を持つ。
resize46302.jpg

果胞は雌鱗片より短く倒卵形、長さは約3mm。密に毛がある。
resize46301.jpg

痩果は3稜形、濃い褐色に熟する。柱頭は3岐する。
resize46304.jpg

これは別な山で見た物。古い葉は長く倒れているけど枯れてはいなく、画像の様な姿が多かったです。
resize46311.jpg
スポンサーサイト

コメント

ヒカゲスゲですね

 こまつなさんへ
 これはこちらでは馴染み深いスゲで、里山から山地にかけて広く見られるものです。スミレ類開花よりも少し早く花序を上げるもので、私はスプリング・エフェメラルと同様、春の到来を告げるスゲ類だと思っています。
 これに似て花茎がごく短く、花序が新葉に埋もれるような小さいものでホソバヒカゲスゲがあり、葉幅が0.5~1.5mmと狭くなり、隔離分布するもので比較的稀なものです。、私はまだ屋外で実物を見たことがありません。伸びつつある葉よりも花茎が下のほうにあるのは要注意です。国内では北海道~九州まで報告がありますが、そう簡単に見られるものではないというのが、私の認識です。
 もうひとつ、岡山県の石灰岩地に見られるというビッチュウヒカゲスゲというものがありますが、これは恐らくヒカゲスゲとするには違和感のあるものだと思います。隣県であるにも関わらず、これも私は自生しているところを見たことはありません。恐らく一定地域に偏在しているのでしょう。

マツモムシさんへ

マツモムシさん、こんばんは。
 今回もしかしたらホソバ?とか思ったりもしていましたが、ホソバヒカゲスゲは花茎があまり伸びないのですね。オキナワスゲの様な咲き方なのかなと想像しました。そう簡単には見つかりませんか。すみれの開花より前というお話を聞くと、すみれの花の時期は結実しているんですね、成程と納得しました。3タイプには微妙な違いがありそうですがをヒカゲスゲを基準にして覚える様にしたいと思います。この季節は私も出かける事が多いので、ホソバヒカゲスミレなら可能性はあるかなぁ~
 とても参考になる情報を有難うございました。夢が膨らみます^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索