私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

八重山諸島でみたフトイ

石垣島と西表島へ出かけて来ました。曇り時々雨のなか田の畔や海岸等歩いて来ました。休耕田や湿地でフトイと思われるホタルイ属を3か所でみたので、もしかしたらイヌフトイもあるかな、と気になりました。小穂の見られないものや開花期の場所もあり、取りあえず分かった分を記録してみます。
1番目、石垣島の1か所です。
こちらはほとんど小穂が出来ていなかったですが、近くにイヌフトイがあり、比べてみるとこちらは葉の色が明るく、触って見ると葉が柔らかかったです。
resize44111.jpg
マツモムシさんのフトイとオオフトイの見分け方を参考にさせて頂きました。開花中の麟片の色でも見分けのコツがある様です。でもまだすぐには分かりませんでした。


良く探したら開花しているのがありました。
resize44113.jpg

もう1個体の花を拡大。柱頭は2個かな、見ただけでははっきり分かりませんが、この状態では痩果は見られないので果実期まで待つ事にしました。
resize44112.jpg

根茎は長く這っていてイヌフトイに比べると細い様に思います。
resize44110.jpg

2番目は西表の一か所目。
牧場内の湿地。写真を撮った場所では小穂は出来ていなくて、
resize44117.jpg

少し離れた所で見つかりました。画像はその時事情があって慌てていたので写していませんーー;
小穂だけ2本貰って分解してみました。
resize44123.jpg

鱗片の長さは3mm。熟している痩果を包んでいる物は膨らんでいます。右は未熟な痩果についていた鱗片。
resize44128.jpg

痩果の長さは2mm。刺針状花被片は痩果よりやや長く下向きにざらつく。羽毛状ではない。
resize44121.jpg

柱頭は2岐していたのでこちらのはフトイで良いのではと思います。
resize44127.jpg

3番目、西表の二か所目 休耕田の中の湿地で。
後ろ側にヒトモトススキが見られます。葉の色は綺麗な白緑。
resize44130.jpg

有花茎の高さは60~80cm程度。
resize44131.jpg

雌性期の花序。
resize44132.jpg

痩果が出来ていそうな花序、これは長さ2cm。。苞葉は花序より短い。
resize44133.jpg

有花茎の断面。中間位で径6mm。
resize44135.jpg

鞘は赤褐色。
resize44141.jpg

横走する匍匐根茎があり、茎は直立する。
resize44137.jpg

根を除いてみました。根茎の径は7mm。鞘の繊維が残る。
resize44140.jpg

鱗片の長さ3mm。未熟な痩果は1.5mm。やっぱりフトイかな。。でも柱頭が確認出来るまで待ちます。オオフトイが何処かにないかなぁ。。
resize44136.jpg
スポンサーサイト

コメント

お帰りなさ~い

 こまさん、こんばんは。
 3つともフトイでしょうね。開花期の鱗片がどれも黄色っぽいです。オオフトイだともっと赤味が強く出ます。ヒトモトススキと一緒に生えているものは少し小型ですね。もしかしたら、こちらの海岸の湿地で見られる小型フトイと同じものかもしれません。

>マツモムシさん

 おはようございます。早速有難うございました。
そうですか、全部フトイなのですね。3か所とも葉の色は共通していた様に思います。開花期の鱗片の色での見分けを次回は気を付けます。八重山はこんな感じの湿地が多く3か所とももっと時間をかけて、季節を変えて歩いてみたいと思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索