私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ムラサキネズミノオ

イネ科 ネズミノオ属
先日山の道端で車を止めた時に撮りました。良く見かけるけどゆっくり見る機会が意外になかったです。といっても少し前までみ向きもしていなかったのですが。。
resize43622.jpg

前にヒメネズミノオを見たので、まずネズミノオを先にと思って撮りました。地味すぎますが、でも良く見かけるのでちゃんと知りたい。後で調べたらネズミノオ属は他にもあって、見分けも難しそうだと言う事が分かりました。直立する稈は高さ50~100cm。これは小さい方です。どれも花序が長いです。
resize43623.jpg

簡単そうに見えて引き抜くのは力が入りました。だから根は繋がって生えているのかなと思うとそうでは無かったです。葉は内側に折れています。
resize43620.jpg

葉鞘は茎を抱いて、縁には白毛があり、葉舌と言えるほどのものは見えずに縁に疎らに白毛があるのみでした。(ルーペで目視)
resize43625.jpg

花序は長い1本に見えますが、短めの花序枝がありそれも直立するので棒の様にみえます。
resize43609.jpg

曲げてみました。
resize43619.jpg

画像を拡大してしてみたら濃い紫色の痩果が見えて、ここでムラサキネズミノオかなという気がして来ました。
resize43610.jpg

更に拡大。小穂の長さは2mm。短い柄があります。第一包頴は小さくて小穂の1/3程度の長さ。第2包頴は小穂の長さの半分かそれよりやや大きめ、先は円頭~鈍頭~鋭頭と色々。内頴は痩果より長く有稜。痩果の先端に小さな突起がみえます。
resize43624.jpg

突起。
resize43618.jpg

痩果の長さは1.2mm程度。
resize43617_20150110223035211.jpg

「日本イネ科植物図譜」によるとムラサキネズミノオはネズミノオの変種でネズミノオは関西以北に多く、琉球や熱帯に移るにつれてムラサキネズミノオが多くなる。ただ形態が連続しているらしい。他にフタシベネズミノオという種もあるようですが、小穂は無柄かやや無柄、第一および第二頴がほぼ同長とあったので(琉球植物誌)これではないと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索