FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

コウボウシバ

海辺の砂の中でみました。河原からの水が海に流れ込む様な所によく生えている事が多い。花期は5~6月なので今は生い茂る葉のみですが、これでも良く特徴が分かる気がしたので載せてみました。
resize41610.jpg

満潮時だと此処まで海水に浸かっていると思えます。葉の長さは20~30程度で色が綺麗です。
resize41611.jpg
葉鞘の基部は赤紫色、
resize41613.jpg

台風のせいで打ち上げられたと思いますが、横走する長い根茎が良く見えます。
resize41619.jpg

来年は小穂を見に行く予定なのでこれに続けたいと思っています。
resize41612.jpg
スポンサーサイト



コメント

一筋縄ではないかも

 沖縄には近縁のシオクグもあるようですね。海浜の砂浜にあるものであればコウボウシバでほとんど決まりですが、河口となればそう簡単には決められません。シオクグは河口や海岸の塩性湿地に生育します。さらに悩ましいことに、こういった水分条件のよい場所に生育するコウボウシバは草丈が高くなり、シオクグとそっくりの姿になります。結実期に慎重に調べるべきですね。

>マツモムシさん

こちらにもアドバイスを有難うございます。こういう環境だとシオクグも考慮に入れて観察ですね。
来年の結実期を下調べして出かけたいと思います。
今マツムシさんのHPでシオクグを拝見、両者の小穂の比較も見せて頂きました。楽しみです~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索