私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

テンツキかな

ちょっとした小路があって、何かないかと覗いたら草の中にテンツキ属の小穂が見えました。見た目は似ているのですぐに判らない時は取りあえず、痩果を。。と、写真を撮ってみました。イネ科の草に混ざって生えていて全体が見えないですが、有花茎の高さは大きいので30~60cm程度でした。
resize41286.jpg

草をかき分け下部の様子をみたら、かなり毛が多い様だ。
resize41292.jpg

画像を拡大してみたら茎と葉、鞘の基部まで、包も有毛でした。葉は線形で幅は2~3mm、
resize41295.jpg

花序は複生、花序枝は多いので10個位、この画像のもので長いので3cm位。
resize41297.jpg

包の縁は有毛。
resize41305.jpg

葉は下面にやや内巻きして上面には毛が多い。
resize41300.jpg

葉鞘の基部は淡褐色で有毛。
resize41304.jpg

小穂は長卵形、で長さ4~5mm。
resize41303.jpg

鱗片は広卵形、長さ2.5mmで赤褐色。新鮮な時は中肋は緑色。
resize41312.jpg

痩果は倒卵形、長さ0.8~1mm、白色~黄白色。楕円形の格子紋がある、
resize41306.jpg

花柱は扁平で有毛、柱頭は2岐する。
resize41313.jpg

痩果を見ると大きさや形がクグテンツキに良く似ていて、名前を決められなかったのですが、
大きさが半分位、(クグテンツキは1mを超すのもあった)、
葉が鞘部や包まで有毛(オテンツキは鞘以外は無毛)という点と
小穂がクグテンツキほど密に付いていない、またオテンツキの小穂は5~8mm。
等々からテンツキかなと思いますが。。 

追記:この仲間は他にも似たものがあり、小穂や痩果、花柱の形態をもっと詳しくみないと自分でもまだ良く分からないので今回は保留にし、観察を続けたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

テンツキとクグテンツキ

こまさん、こんばんは
家事が終わって一段落したところです。いっしぃさんのコメントを読んでまた笑い、ほんとに楽しかった○○エンドウ・・
クグテンツキが1mあるのですか?私の近くのクグテンツキで30cmくらいかな、福江でクグテンツキをみた時は大きいと思ったけれど50cmくらいでした。テンツキは15~30cmで、沖縄の半分ですね。でもそう果は同じみたい。キラキラきれいですよね。

テンツキの多様性の例

 クグタンツキが1mとか、テンツキが60cmとか、さすがは沖縄。本土の感覚で対応しても、対象ははみ出していくばかりで、それが常識的な観念を破壊してくれて、逆に心地よい感じです。
 さて、今回のものですが、痩果・花柱・痩果表面の様子は非常にクグテンツキに近いもの。花序を見せられなければクグテンツキか品種のケテンツキにしているところです。しかしなが、テンツキとクグテンツキは変種関係にあり、一般的には花序枝につく小穂の数によって分けられるので、テンツキとしても良いでしょう。しかし、私なら同定保留とし、痩果や花柱の形態と花序枝に対する小穂の数を計測するでしょう。
 早く結論が欲しいところでしょうが、自然との付き合いは一朝一夕ではいかないもの。沖縄のこまさん独自の課題があってもいいものです。それによって、より自然の深い場所でのコミュニケーションができると考えています。一歩進んで二歩下がるということはよくあることです。結果を急ぐことなく、自然と付き合うことによって目に見えないようなことも浮上してきますよ。まあ、とりあえず今回のものはテンツキとしてもよいものだと思います。広義テンツキの中にクグテンツキやケテンツキ、ホソバテンツキ(詳細不明)が入りますから。

>pandaちゃん

 こんにちは~。テンツキはpandaちゃんのを参考にさせて頂いてそうかなと思いましたが、こちらのはなんでも大きそうな気がします。それでも15cm位のもあって、基本的なものを見たいと思っているのですがなかなか、、クグテンツキが圧倒的に多い様な気がしていますがまだ実態ははっきり分かっていません。修行をつまなければ。。。 こんな時、いつもpandaちゃんと一緒に歩けたらなぁと考えます。
 3人様をツボにハマらせた○○エンドウさんに又会って来たくなりました。^^

>マツモムシさん

 詳しく教えて頂いて有難うございました。この場所は二度目に行った時はすっかり草刈りされていてがっかりして、ブログは暫く保留にしていたものですが、又寄ってみます。
 テンツキ属は凄く多くて特に平地の日当たりのよい場所にたくさんあって、まだまだ良く理解できていません。ケテンツキ、ホソバテンツキ、オテンツキなどまだ知らないものばかりです。有毛といっても個体差、変異とかもありそうですね。
 マツモムシさんのおっしゃる通り結論を急がない事にします。
「痩果や花柱の形態と花序枝に対する小穂の数を計測」は他のテンツキ属にも大事だと思うので、心がけたいと思います。
今年は」クグテンツキが多いなぁ位にしか見えませんでしたが、その中に色々混ざっているのだと感じました。今は一目見ただけでは名前が出てこないので、いつか一覧表が作れるように頑張りたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索