FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

メリケンカルカヤ

イネ科 ウシクサ属
明るい林縁で。。 色が綺麗な葉のイネ科があって、初めはもしかしたらメガルカヤ?と思ったけれど、どうもメリケンカルカヤの様な気がして来ました。花序のてっぺんまでいれると120cm位あります。葉は長いので50~60cm。

resize40587.jpg

包葉の横からでる長い白い毛が綺麗でした。



resize40569.jpg

直立する稈と花序の一部。もう開花期は終わっているけど、白い軟毛をもった花序が側生する姿は特異であると図譜に書いてありました。
resize40582.jpg

葉鞘は扁平で基部では抱き合っている。周りには枯れた葉がそのままクルクルとねじれたまま残っています。
resize40576.jpg

葉は扁平ですが中央脈を境に二つに折れています。その背部の境目の脈が硬く張り出しているのでこれを竜骨と言うのではないかと思いました。
resize40578.jpg

無柄で長芒のある両性の小穂と白色の羽状毛のはえた小穂の柄(本体は退化消失)とからなる。(日本イネ科植物図譜のメリケンカルカヤの説明より)
resize40583.jpg

葉の幅はこれで5mm。背側の竜骨を境に重なって扁平になっています。
resize40586.jpg

稈は楕円形、長い方で径2mm。
resize40584.jpg
メリケンカルカヤで大丈夫だったかな( ーノー)o


これは沖縄本島内でみかけたオキナワカルカヤかもしれないもの。もう少し大きくなったら再度出かけてみたいです。カルカヤの仲間は葉の色でなんとなくわかりそうな気がします。
resize40597.jpg
スポンサーサイト



コメント

メリケンカルカヤ

 メリケンカルカヤでいいと思います。小穂の柄についた羽毛状の毛が顕著な特徴。カルカヤは刈萱で、刈りやすい萱といったような意味で、中型以上のイネ科の総称みたいなもんで、メリケンカルカヤとオキナワカルカヤ、オガルカヤ、メガルカヤは全て属が違います。メリケンカルカヤはあのウシクサと同おなじウシクサ属で、ともに第一小花が退化しています。

 最後のものはオキナワカルカヤっぽいですね。もう少し伸びたらそれらしい形になりそう。

>マツモムシさん、

 こんばんは、マツモムシさん、メリケンカルカヤで大丈夫ですか、根拠が怪しかったですが予想が当たって嬉しいです。
カルカヤの仲間はそれぞれ属が違うとは知りませんでした。ちゃんと名前が同定出来た時点で科名、属名を入れる様に気をつけようと思いました。カルカヤは刈る萱なんですか、これも分かりやすいですね、軽いから、なんて想像していました。
 台風の後こちらは草の頭がすっかり枯れて傷んでしまって、カヤツリグサ科が探しにくくなってしまいました。でもイネ科も一緒にもう少し待てばまた復活するかなと思うので、オキナワカルカヤを確かめに行こうと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索