FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オオマツバシバ

日当たりの良い乾き気味でやや高地の原野に生える多年生草本。名前の通り松葉の様に細い葉が目立ち、草丈は30~50cm程度。やや間隔を空けながら束生していました。
resize40373.jpg

糸状の葉は長さ20~40cm程度で稈と同長のもあったがそれよりも低いのが多い。
resize40374.jpg

花期を過ぎていたのだが枯れた葉がそのまま残る。葉鞘の基部は淡褐色。
resize40371.jpg

葉は内巻きになり、稈よりやや細く、縁には短毛がありざらつく。葉舌にはひげ毛がある。
resize40372.jpg

花序は疎らで長さは20~25cm。
オオマツバシバ

果実期の小穂は淡灰白色。
resize40375.jpg

(左)二個の包頴。(右)護頴はやや針形でねじれていて淡色、無毛だが基部には1個の硬く尖った小形の有毛の結節があり、芒は3個、ざらつきがあり中央のものが太く、側方のものは水平に開出する。
resize40379.jpg

細い3個の芒にも小さな下向きの刺針があり、服の中にも入って来ました。1個でもチクチクと痛かったのですが、もし動物とかに多数刺さったらどうなるのかなと、ちょっと怖くなりました。
resize40390.jpg

各所に刺針がありました。
resize40388.jpg
スポンサーサイト



コメント

これも記念碑的

 超希少種ながらネットにろくな画像がないものがいくつかありますが、これもその一つ。後世に残る記念碑的なページですね。
 これほど「いたずら」に使えるものとは知りませんでした。私なら友だちの服に入れまくって、繁殖に貢献するかも。

>みっちゃん先生

 黒い背景や洋服だと良く目立っているんですが、草地や、足にくっついていても細すぎて良く見えずに、座り込んで写していると沢山ついていました。なかなかの生命力を感じましたが、チヂミザサの様に嫌がってはいけないかもしれませんね。生える環境がなんとなくわかって来たので、似た様な他の所も探してみようと思います。
 台風が過ぎると一気に涼しくなり、こちらは今から咲く花が楽しみな時期になりましたよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索