私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ホタルイ属

稲穂が垂れさがっている水田の一角に休耕田があり、カヤツリグサ科や他の湿地の植物が数多く見られ面白そうだな思い、先月、カンガレイが目立つ中に茎の丸いのがあったのでホタルイ属かなと小穂を調べてみました。

こちらは有花茎の高さが30cm程度で最初に見たもの。
resize40026.jpg

二度目に行った時見たのは有花茎の高さが30~40cmのやや大きめ。
resize40095.jpg

どちらも葡蔔根はなさそうです。基部の鞘は斜切形。
resize40096.jpg

苞は有花茎に続き1枚、花序は片側に小穂を2~3個つけ、小穂はやや長めの卵形。大きさは6~12mmと色々でした。
resize40097.jpg

麟片の中肋は緑色。柱頭が見えるのでルーペで見てみると2個、3個と両方見えました。
resize40098.jpg

ホタルイは痩果に稜があり、柱頭は3岐、 イヌホタルイは稜がなく柱頭は2岐が標準と教えて頂いたので、分かりやすいと簡単に考えていましたが、柱頭の分岐の様子が色々で分からなくなり、大小の2タイプを分けて痩果など見てみました。
resize40088.jpg

右側 小穂の長さは10~12mm、幅5mm。  
左側 小穂の長さ6~8mm、幅3~4mm。
resize40091.jpg

有花茎の断面は1~1.5mm。丸く見えたが、小さくカットすると5~6稜が見えた。
resize40087.jpg

初め見たのはまだ未熟の痩果が多くて変な形もありました。柱頭も2岐した後に片方が更に分岐すると言う形が多かったので変だなと思つつ、この時は全部記録出来ていなかったです。
resize40106.jpg

それで又出かけて熟したと思われる小穂で痩果を見てみました。
有花茎の低いタイプの痩果(1個の小穂より取りだし)は未熟なのもありますが、大きさはほぼ同じ程度でした。(長さ1.8~2mm)
resize40057.jpg

その拡大ですが、痩果に稜がある(ホタルイの特徴)は見えていない様にみえます。痩果表面の不明瞭な横しわはどちらの種にもあるそうです。
resize40083.jpg

その柱頭は10個体の内2岐だけのは1個だけで残りは2岐したものの片方の途中から1本分岐する形でした。
resize40081.jpg

有花茎の大きいタイプの痩果(長さ2~2.2mm) 中央に出っ張りは見えますが、、
resize40100.jpg

分かりやすい稜は無い様に見えます。
resize40103.jpg

柱頭は10個中2岐が2個、途中から分岐が8個でした。
resize40102.jpg

イヌホタルイはほとんどが2岐し、2岐したものの片方の途中から1本が分岐して出ることがあり、ホタルイも同様な事が見られるそうですが、今回ははっきりとした3岐の柱頭は探せなかったのと、痩果の稜がはっきり見えない事で、両方ともイヌホタルイではと思いました。面白い田んぼなので又出かけて、はっきりとしたのがないか、探してみます。

耕されたら初期化されてしまうとは思いますが、他にはカンガレイ、コゴメガヤツリ、ミズハナビ、アイダクグ、ヒデリコ、マツバイ、ミズガヤツリらしき、オキナワオオガヤツリ他、イネ科も、コウガイゼキショウ、タデ科やフタバムグラ、等々と一日中でも居たくなる所です。
resize40107.jpg
スポンサーサイト

コメント

ホタルイ属

こまさん、こんばんは。
 結局ホタルイ属にしたのですね。とりあえずはそうしておくのが無難ですかね。それにしても面白いですね。柱頭からみるとホタルイ、痩果から見るとイヌホタルイ、茎の横断面はイヌホタルイ。サンカクホタルイ(ホタルイ×カンガレイ)みたいに捻性を獲得したホタルイモドキだったりして。どうみてもイヌホタルイ×カンガレイに見えるものも、痩果が正常で捻性を獲得しているんじゃないかというものもあったりします。この仲間はまだまだ注意してよく調べるべきものなのでしょうね。
 それにしてもいきなりこんな難しい集団にぶち当たってお気の毒というかなんというか。
 めげずに楽しんでください。

>マツモムシさん

 マツモムシさん、お早うございます。
初めは迷宮に入ったような気持ちでしたが、良く考えてたら、ホタルイもイヌホタルイにしても初めてなので、分からなくて当たり前と思い、調べ方をマツモムシさんに教えて頂きながら、自分なりに見たままを記録してみました。
カンガレイは幅広く一角全体に見られましたので、他のホタルイ属ももっと探して結論は後回しにしようと思いました。でもおかげ様で、もし他の場所でみたら、前よりも早く気がつきそうです。色々お手数をおかけしていますが、入門者に付きあって頂いて有り難いと感謝しています。
 今日から2~3日台風と台風の合間でお天気がどうにか持ちそうなので新しいのを探しに別な所へ出かけて来ます。大分涼しくなりました。

ホタルイ

こまさん、こんばんは
こまさんが、う~んとうなっている姿が目に浮かぶようです。解決したときはスッキリするけれど、そうでないときはもやもやだものね。私もホタルイ、カンガレイ、ハリイの仲間はよくわからないものが出てきて、パスしたりしています。こまさんのように記録しておけば、あとから解るかもしれませんね。

いろんなものがあると楽しいけれど、まだ混ざって欲しくないよね。それに、沖縄だと図鑑に載っていないようなものも多いみたいだから、こまさんは私より難儀ですね。頑張って~♪

>pandaちゃん

 こんばんは、pandaちゃん。昨日から気になるカヤツリグサ科があって出かけていて遅くなりました。
ほんとに難しいですね、結局まだ充分まわりの状況も把握出来ていないので、今の自分だとそのままにして置く事が良いかなと思いました。標準の個体を見つける事が出来たら、判断も出来るのではと思っています。難しいですね。でもその分勉強になりました。今日は新しいカヤツリグサ科やイネ科も見られたので、だいぶテンション上向きです^^// どうもありがとう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索