FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

柱頭3岐のテンツキ属⇒タイワンヒデリコ

偶然草地で見つけたテンツキ属ですが、名前が分からず、悩んでいました。小穂の痩果の様子がヒデリコに似ていて、サイズがやや大きめな事からタイワンヒデリコではないかとメドを付けて何度か自生地に通っていました。その後、田の中でヒデリコも見ましたが、どうも環境が違うなと感じ、柱頭が3岐するテンツキ属の中で痩果や葉の様子が似ているのを探していたのですが、画像はないですがオニテンツキの記述に似ている様に思えて載せてみました。⇒タイワンヒデリコで良い。

コメント欄でマツモムシさんに教えて頂きました。
・痩果の大きさがオニテンツキ(長さ1.7~2mm)と違う。本種は長さ0.6~0.8mm。痩果の瘤が無い点と模様が不明瞭な点を除けば、花柱や柱頭の長さ、花柱基部が膨らむ様子など、基本種のヒデリコと同様な特徴が見られる。
・シバ地に生育しているという事も、Flora of Chinaを見る限りでは生育環境にも問題はない。
・草体の株元は扁平気味に見えるというタイワンヒデリコの特徴がみられる(3枚目画像)。


2014/9/25 この時は痩果も熟し、有花茎の高さが33cmの大きめのを撮りました。
resize39836.jpg
 
2014/8/30 この時は有花茎の高さ20cm、花が咲いています。
resize39837.jpg

画像や図譜のお手本がないので沖縄県版レッドデータブックのオニテンツキの記載を載せてみます。

オニテンツキ
常緑の多年草。根茎は短く、木化する。稈は単生し、高さ20~70cm、幅1.2~1.5mm、扁平。葉は稈より短く、線形、幅2~5mm、扁平。複散形花序は長さ5~12cm、枝は2~5個、葉状の苞は2~3個、小穂は単生し、卵状長楕円形~長楕円形、密に6~17花をつけ、長さ2.5~4mm、幅1.8~3mm、麟片は卵形、長さ2.2~3.7mm、柱頭は3個。痩果は倒卵形、長さ1.7~2mm、幅1mm。オオヒラテンツキに似るが植物体がより強荘で、花序の麟片は栗色で葉鞘の竜骨状隆起が明瞭でない点で異なる。 生育環境:山地の湿地や原野に生える。


2014/9/12 根が繋がった様な生え方に見えますが、葡ふく根はありませんでした。葉はやや白味を帯びた明るい緑色。
resize39817.jpg

2014/9/25 痩果が熟した一株の全体の姿。
resize39824.jpg

2014/9/25短い根茎で繋がった一株。
resize39818.jpg

2014/9/25 どれも有花茎が単生します。
resize39838.jpg

2014/9/25 有花茎の鞘部。
resize39843.jpg

2014/9/25 有花茎の断面は扁円形。
resize39829.jpg

2014/9/12 葉は線形、長さ5~8cm、幅1.5~2mm
resize39834.jpg

2014/9/12 花序は5~6cm、枝は3~5個。
resize39831.jpg

2014/9/25 花序
resize39842.jpg

2014/9/12 小穂は卵状長楕円形、長さ4mm、幅2mm。
resize39835.jpg

2014/9/12 麟片は卵形、長さ1~1.3mm、翼がある。
resize39830.jpg

2014/8/30痩果は 倒卵形、長さ0.8mm、稜があり、柱頭は3岐。
resize39841.jpg

2014/9/12 
resize39826.jpg

画像を多く入れてみました。手元に参考になる文献がなく自信はあまりないですが、オニテンツキではないかと思って載せてみました。
痩果の画像を追加します。(クリックすると大きくなります)
resize39845_20140928223622c24.jpg

resize39844.jpg
スポンサーサイト



コメント

横から失礼

 マツモムシさんがどういうかなぁ。私は自信ありませんが、オニテンツキなら学名で検索すると、いくつか画像が出てくるのでは? たとえば、
http://frps.eflora.cn/frps/Fimbristylis%20thomsonii
のように。

痩果が小さい

 Flora of Chinaも見てきましたが、痩果の大きさがあまりにも違うのでオニテンツキではないように思います。草体の株元は扁平気味に見えるし(3枚目画像)、痩果表面の模様やコブがない点をのぞいては、タイワンヒデリコのほうが近いと思います。シバ地に生育しているということですが、Flora of Chinaを見る限りでは生育環境にも問題はないと思います。
 痩果表面のこれ以上の拡大画像は無理でしょうか?

>みっちゃん先生

 みっちゃん先生、サイトの紹介を有難うございました。
こちらには図譜がありますね。見比べてみたら麟片の様子が違って見える様にも思えますが分からなくなりました。さっきから記述の翻訳をクリックして見ているのですが、どうも難しく、もっとじっくり読むというか、見てわかるか、時間をかけてみます。
図譜では花序が華やかに見えますね~ 自信がないです。

>マツモムシさん

 マツモムシさん、早速有難うございます。
図譜をみてあれこれ考えていました。
シバ、草地でもタイワンヒデリコは問題ないのですね。
取りあえず、痩果の表面をもう一度見て撮り直してみますね。

追加:痩果の画像を追加しました。目立った瘤は見えませんが、表面は浅い凹凸はあるように見えます。熟した痩果のサイズも0.6~0.8mmの範囲内でした。
詳しく教えて頂いてとても勉強になりました。

やはり痩果が問題

 こまさん、痩果表面に微妙に網目模様はあるようですが、やはりコブはありませんね。一応、タイワンヒデリコとしておいてもよいですが、もう少し他に該当するものがないか調べてみます。心当たりの種が見つかったらまたお知らせしますね。

>マツモムシさん

 マツモムシさん、お早うございます。
痩果の形や模様をもっとクリアに撮れるようになる事が大事だなぁと痛感しました。ややこしいのも多くてすみませんが、又よろしくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索