FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

マツバイ

久しぶりに家の近くの湿地で見ました。今の時期はカヤツリグサ科は色々探せそうで、未だ見ていないのも沢山あるかも知れないと行ってみたら早速こんな小さいのがありました。葉より有花茎の方が高くてそれでも5~8cm。
resize39383.jpg

丁度開花中で、こういう姿のは少なくて、
resize39384.jpg

こんな風に草の足元にマット状に生えていました。この場所は水も流れて浸かったままになっているのもありました。
resize39369.jpg

マツバイだと葡蔔根が連なっていると思うのですが、ほとんどこんな感じで細い根が弱く伸びています。基部の鞘は赤味を帯びた褐色。
resize39377.jpg

小穂の長さは2~3mm。麟片は長卵形、長さ1.5mm程度。薄膜質で紅褐色を帯びる。
resize39389.jpg

痩果は倒卵形~倒卵状長楕円形、長さ1mm。痩果より長い刺状花被片は3~4個で下向きの小棘がある。柱頭は3岐する。
resize39375.jpg

痩果には隆起する縦脈があり、脈間には横長の格子模様がある。
resize39385.jpg
根の繋がり方が明確ではないですが、痩果や麟片の様子からマツバイではないかと思いました。
スポンサーサイト



コメント

問題ないようです

 もう(まだ?)花盛りですね。カヤツリグサ図譜には沖縄の記述がなかったように思いますが、以前琉球植物誌では見たような覚えが。上から4枚目の写真に匍匐茎も写っており、柱基の底のふくらみ具合も一致するので、問題ないようです。
 こちらでは、あるところにはどっさりある、ときには水田に一面に、という具合ですが、沖縄では多くないのでしょうか。

>みっちゃん先生

みっちゃん先生、こんばんは。ちょっと根茎が気になっていたのですが、大丈夫でしたか、良かった! 有難うございます。根が細いので私がちぎったのかも知れません。少しでも写っていて良かったです。
 おっしゃる通り図譜には載っていなくて琉球植物誌にはありました。何度かこの湿地には行っていましたが、今回初めて気がついたのですが、1区画のタイモ水田の足元にどっさりでした。収穫が終わると泥が耕されるので、現れたり、消えたりなのかもと思いました。丁度開花に出会って良かったなぁと思いますが、そろそろ終わりかも知れません。他の水田にもあったのか、どうか、あまり多くは無かったように思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索