FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

タイワンカモノハシ

日当たりのよい草地にカモノハシ属が群生していました。以前は山の湿地で見たのですが、これは沖縄本島の草地で。タイワンカモノハシはカモノハシと変種関係であり、場合によってはカモノハシに合一させる事もあるそうですが、両者の違いについても前に教えて頂いたので特徴を復習してみたいと思います。
resize39119.jpg

開花が終わったものがほとんどでしたが、まだ開花中のもあった。(9/8)
resize39116.jpg

稈の下部は節で根を下ろし、やや曲り、分岐しながら50cm位這ったのちに50cm位立ち上がる。葉は線状披針形で長さ10~20cm、幅は7~10mm、無毛で縁はややざらつきがありました。(9/8)
resize39121.jpg

7月に西表島で見かけたものは葉鞘の縁に長い毛があり、(7/26)  有毛または無毛と言う所はカモノハシと同様。
resize39129.jpg

穂状花序は長さ4~7cm、二つの総が接してひとつの花序にみえる。これはやや離して撮影(7/26)
resize39130.jpg

開花期の花序 雄性(左) 雌性(右)
resize39133.jpg

花序の小穂は柄のある小穂とほとんど無柄の小穂が対になってつく。花期には小穂からでる芒が目立ちません。第一包頴は中央部付近以上は薄質となり、両側に翼がある。(カモノハシに比べて広い)
resize39135.jpg

(追加)こちらの方が分かりやすいので追加しました。
resize39138.jpg

花後に目立った芒は長さ7mmありました。小穂から突き出す芒の長さが4.5mm以下のものがカモノハシ、5~11mm突き出すのがタイワンカモノハシとされているようです。と教えて頂きました。
resize39136.jpg

同じ日に(9/8)海辺でクサトベラの足元から生えているのを見かけました。タイワンカモノハシは色んな所で生えています。
resize39128.jpg
スポンサーサイト



コメント

タイワンカモノハシ

こまさん、おはようございます。
タイワンカモノハシわかったよ、カモノハシの芒が長くて、鱗片に広い翼があるのね。うん!ばっちりわかったけど、長崎にあるかしら?カモノハシをみつけたら確認するね、ありがとう。

>pandaちゃん

 pandaちゃん、こんばんは。
分布は九州もばっちり入っているし、長崎にもあると思いますよ、探してね。
沖縄は今テンツキ属がいっぱい出てて、早くみないと終わってしまう。。と焦ってうろついていたらこんな群生を見つけました。
先日と今日はやんばるのに行って来ました。
暑いけど、汗を流すのも気持ち良かったよ。

カモノハシとは違う

 こまさん、こんばんは。
 やっぱりこちらのカモノハシとは細かい所が全然違いますね。web上では典型的なタイワンカモノハシの決定版になりましたね。

>マツモムシさん

 マツモムシさん、こんばんは。
 色々と教えて頂きましたので特徴が分かって来ました。カモノハシとはだいぶ違いますか、それにしても沖縄本島にこんなにあるとは知りませんでした。又何時か出かけた時には他のカモノハシ属も見てみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索