FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

イガクサ

日当たりのよい草地、荒れ地に生える多年草。遠目に見えた時イガガヤツリ?と思いましたが、近づいてみたらちょっと違う。。痩果を覗いてみたら肩の部分に毛がみえたのでイガクサとしました。
resize38951.jpg

有花茎の高さが20~50cm。線形の葉の長さは有花茎の半分位、茎頂に花序が一個というのも特徴の様です。
resize38986.jpg

有花茎は中空。
resize38977.jpg

花序を真上から見た所。頂生し多数の淡褐色の小穂がつく。苞葉は5~8個。
resize38953.jpg

小穂の先に花柱が出ている。柱頭は分岐しない。
resize38985.jpg

小穂は披針形で5~7mm。この写真のものは5mm。
resize38988.jpg

麟片披針形で長さ6mm。この写真のものは3mm。まだ痩果が中に入っています。
resize38987.jpg

痩果は倒卵形、長さ1.5~1.8mm。写真のものは1.5mm。上部の肩あたりに疎らに短毛がある。刺状花被片は痩果の1/2~1/3、上向きにざらつく。 
resize38983.jpg
スポンサーサイト



コメント

まん丸な花序

 これはまたふくよかな花序をつけたイガクサですね。こんなに沢山の小穂をつけた花序を持つものは見たことがないです。南国なので年中生育して充実した株になるのでしょうね。
 小穂が頭状に集まり、柱頭が分岐せずに1本で長いという点はミカヅキグサ(イヌノハナヒゲ)属のなかでもとてもユニークなもの。貧栄養地に生えるので、まわりには面白いものが沢山でてきそうですね。

>マツモムシさん

 マツモムシさん、こんにちは。イガクサに気がついたのはこれが初めてなんですが、形もシンプルで愛着が湧きそうです。
やや乾燥気味ですがここはおっしゃる様に他にもテンツキの仲間がありました、ヤリとか前回のオオヒラ、それからまだはっきり分からないのとかもあって面白くて又出かけてみようと思っています。
 他のミカヅキグサ属は沖縄では他にミクリガヤとかイヌノハナヒゲもあるらしく、イメージを描きながら探してみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索