私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

イワヒバ

イワヒバ科 イワヒバ属
内地では特に珍しくない様ですが、沖縄本島ではほとんど見かけなくなりました。
岩上に生える常緑草本で、草丈は20cm程度かそれよりも低い。葉の様な枝を何十枚も放射状に広げる。
resize38460.jpg

周りを見渡せば、あたり一面に生えていました。他の植物は少なくて、日当たり、風当たりの強い岩の上。
resize38463.jpg

これが何時か教えて頂いた坦根体と根が絡まった仮幹と言う物かな。岩から立ちあがっていてこの上に葉を放射状に広げています。
resize38461.jpg

葉は二形で外側に胞子葉が見えます。
resize38504.jpg

水分がない時はこんな風に丸まって少エネで生きている。
resize38505.jpg

分岐する軸は2~3mm、密に葉を付ける。腹葉の辺縁は微鋸歯縁、先端には毛状の突起がある。
resize38506.jpg

胞子嚢穂の下面。淡緑色~灰緑色。
resize38464.jpg

胞子葉の先端には毛状突起、辺縁は鋸歯縁。葉の内側に胞子が見えます。
resize38588.jpg
スポンサーサイト

コメント

まだ、こんなに?

 あえて場所は訊きませんが、沖縄県でこんなにあるのは貴重ですね。私は沖縄では見た覚えがありません。
 イワヒバはなぜか熱帯圏にもあります。暑さにも寒さにも強く、おまけに乾燥にもひじょうに強い。ふしぎな植物ですね。

>みっちゃん先生

 そうなんです~。私にとっては驚きの光景でした。
思わず ”贅沢~”と声が出てしまって他の方は笑っていました。
 沖縄では少ないので南限に近いかと思ったら、熱帯地方にもあるんですか、シンプルな姿に強い生命力を持っているんですね。昔から人々に愛される意味が分かる様な気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索