私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オオカワズスゲ

北海道でみたスゲはこれを最後にしようと思います。林道沿いでしたがやや湿った場所で湿地ではなかったです。有花茎の高さは50~60cm位。
resize36856.jpg

やや太い有花茎には稜があってざらついています。
resize36855.jpg

基部の鞘は淡褐色で、その上部は白膜状で横脈がある、この画像に写っているのがそうではないかと思います。
resize38335.jpg

花序に10~20個の無柄小穂が付き、雄雌性、それぞれの小穂の先端中央にある果胞よりも小さな長卵形~披針形のもの(一部では葯が残存している)が、雄花部。果胞は薄緑色で長い嘴と縁に鋸歯があります。柱頭は2岐。
resize38411_20140819113814913.jpg

現地で小穂をバラしてみました。果胞は長さ約3mm、下部が太くなり、抜いた歯の様だ。雌麟片は果胞より短い。
resize36905.jpg

持ち帰った麟片の付いた果胞。表面に脈がみえます。
resize36899.jpg

痩果は広卵形、長さ1.8mm。
resize36903.jpg

黄緑色の花序や基部の鞘の横脈など、、あと果胞の形などからオオカワズスゲと思いましたが、合っていますでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

オオワカズスゲ

 タヌキモ・イヌタヌキモ+アイノコイトモの迷宮に迷い込み、こんな時間になってしまいました。オオカワズスゲOKだと思います。何よりも特徴的なのは基部の鞘に見られる横脈で、鞘の脈がアミダくじ状になること。イネ科のドジョウツナギとヒロハノドジョウツナギの差みたいな明瞭な区別点です(雑種マンゴクドジョウツナギを除く)。
 これが近縁のミノボロスゲ節~マスクサ節になると、いろいろと細かい点を見分けねばならなくなります。まず大事なことは小穂が雄雌性か雌雄性かを見分けること。これはオオカワズスゲを特定する上でのキーの一つともなります。オオカワズスゲは国内に1属1種ですが、クロカワズスゲ節、ウスイロスゲ節、クリイロスゲ節、ミノボロスゲ節と並んで小穂が雄雌性となるのが特徴で、今回の画像では、4段目の画像にその特徴が表れています。小穂の先端中央にある果胞よりも小さな長卵形~披針形のもの(一部では葯が残存していますね)が、雄花部です。少なくとも「小穂は雄雌性」という記述を足されるのがよいと思います。オオカワズスゲ節以外の4節では、根茎の様子、葉幅、有花茎のざらつき加減、鞘にしわが出るかどうか、あとはスゲ属全体で重要な果胞の形状と大きさ、痩果の大きさが判断するキーとなります。これらの一群には外来種もあるので注意が必要で、私は未だに同定保留としているミノボロスゲ節の集団も抱えています。

>マツモムシさん

 こんにちは、マツモムシさん、昨晩はほとんど寝ていらっしゃらない様ですね。夜明けに書いて頂いた貴重な解説は大事にメモ帳に貼りつけておきます。
 図鑑には雄雌性と書かれてはいたのですが、小穂が密集していて分解している間にごちゃ混ぜになり色も早目に褐色に変わってしまい、分からなくなっていました。ご指摘を頂いた様に落ち着いてみれば、現場で撮った画像の方が雄性の小穂が良く分かりました。
この仲間の雄雌性となるオオカワズスゲ以外のスゲ節を挙げて頂きましたが、以前にミコシガヤを見せて頂いていたので、イメージが湧きます。あとは詳細を丁寧に見ないといけないですね。
今回は網状の脈があるのが早目に分かってオオカワズスゲと思える様になったのはラッキーでした。林道を走っていて、何気なく見つけたこのスゲは一度きりの出合いですが、おかげ様で色々収穫の大きい1種になり有り難いと思っています。記述の足しはこれから早速やります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索