FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

北海道の花旅 2014.7月(6)

カラマツソウ (キンポウゲ科)
草丈60~80cmの多年草。繊細な花がとても美しく好きな花です。
resize38061.jpg

葉は3~4回3出複葉で、小葉の先が3裂する。開花時には萼片が落ち白い雄蕊が残る。
resize38059.jpg

山地の明るい林内や草原に生えるが、此処は明るい湿原の中。
resize38062.jpg

イワイチョウ (リンドウ科)
本州の高山や湿地でみられる多年草。
resize38161.jpg

腎形の葉が秋になると黄色くなるのでイチョウの葉を思わせる事からこの名前が付いたそうだ。
resize38165.jpg

花を拡大すると花弁にフリルが付いたようなお洒落な花です。
resize38166.jpg

ツクバネソウ (ユリ科)
ササの茂みのなかで咲いているのを見つけました。
resize37453.jpg

地味で小さいけど、ちゃんと咲いているのだ。クルマバツクバネソウは葉の数が6~8枚。
resize38159.jpg

エゾカンゾウ (ユリ科)
最盛期はこれからだと思います。ハクサンチドリと一緒に。(撮影は7月6日)
resize38167.jpg

木道の横で。手前のカヤツリグサが気になっています。
resize38169.jpg

ザゼンソウ (サトイモ科)
遠くてこの角度からしか写せなかったけど記念に。
resize38172.jpg

チングルマ (バラ科)
尾瀬を思い出します。まわりにあるカヤツリクグサ科は一応写して来ましたがまだ名前が分からず。
resize38177.jpg

ハクサンチドリ(ラン科)
これは花の色はやや薄い。
resize38178.jpg

こっちは鮮やか紅紫色。
resize38182.jpg

キソチドリ (ラン科)
○○スゲとハクサンチドリと一緒に。
resize38183.jpg

resize38184.jpg

トキソウ (ラン科)
高さ15~25cmの多年草。葉は細く1個茎の中部に着くので周りの緑にまぎれて、花が宙に浮いた様に見えました。小さくてもラン科の花は鮮やかで美しい。浮島湿原で。
resize38198.jpg

resize38195.jpg

ヒメシャクナゲ (ツツジ科)
高さ10~30cmの小低木。葉の長さ1.5~3.5cm、花の長さ5~6mmとほんとに小さい。湿地の中なので近寄れないのが残念。
resize38188.jpg

ツルコケモモ (ツツジ科)
湿った苔の上を這う蔓性の常緑小低木。長さは20cm程度。葉は長さ1cm。
resize38218.jpg

花は下向きに咲き、深く4裂する。
resize38217.jpg

エゾノヒツジグサ (スイレン科)
長さはよく分かりませんが花の径は5cm程度、ヒツジグサとの区別は葉の切れ込みが葉身より深いかどうかによるが、区別は難しいと図鑑に書かれていました。実際葉の切れ込みは浅いのも深いのもありました。
resize38208.jpg

resize38209.jpg

この日は一日中でも木道に座っていたい程(人も少なかった)穏やかで良い雰囲気の日で、夕方までゆっくり歩きました。
resize38203.jpg

resize38200.jpg

北海道の花シリーズを長々とやりました。まだシダやカヤツリグサ科やその他等いくつか残っていますがゆっくりやりたいと思います。
帰ってきてから出かけた地元の花達もアップを待っているのでこれでおしま~いにします。有難うございました。記述に間違いがりましたらご指摘頂けると有り難く思います。よろしくお願致します。(おわり)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索