私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヤマソテツ

キジノオシダ科 キジノオシダ属
北海道雨竜郡の林下でみました。丁度胞子葉が立ち上がって新鮮な葉が綺麗でした。
resize36798.jpg

栄養葉は羽状に全裂、羽片の辺縁にはっきりとした鋸歯が見られる事と、頂羽片がないのでヤマソテツではないかと思いましたが大丈夫でしょうか。 ⇒OKresize36805.jpg

葉柄の基部には小さめの麟片が着く程度。
resize36802.jpg

胞子葉は中央に直立して栄養葉より高く伸びる。
resize36799.jpg

胞子葉の羽片の基部は中軸に広くつく。
resize36800.jpg

マイヅルソウが咲いていました。右側のシダも気になる所です。
resize36804.jpg



実は気がつかず同じものと思って一緒のフォルダに入れていましたが、あとでちょっと様子が違うのに気がつきました。これはシシガシラですか。 ⇒OK
resize36809.jpg

褐色で線形の麟片が見えます。
resize36808.jpg

羽片は全縁で羽片の中肋に浅い溝が」みえます。
resize36806.jpg

胞子葉の先がやや赤紫色に染まっていました。
resize36810.jpg
スポンサーサイト

コメント

ヤマソテツとシシガシラ

 そのとおり、二つは別なシダです。それも、キジノオシダ科とシシガシラ科。まぎらわしいですが、ヤマソテツのほうにはキジノオシダ類と同様に鱗片も毛もありません。
 ヤマソテツは地方名をヒノキゼンマイというらしく、若芽は食用になるそうです。京都にはあまり多くないため、食べたことはありません。
 屋久島にはシマヤマソテツがありますが、鹿の食害で見ることも難しくなっているそうです。しばらく屋久島に行っていませんが、行ってみなくては…

>みっちゃん先生

 こんにちは。早速有難うございます。 
別名がヒノキゼンマイ というゼンマイ科の仲間と思いたくなりましたが、これはキジノオシダ科なのですね。

 そして、今になって一昨年シシガシラを岩手で、昨年は岩国でまだ若い葉を見ていたのを思い出しました。あ~。。です。が、今回はしっかり特徴を覚えましたので、何度もすみません(反省)

 アップしたあとカヤツリグサ科の果胞をせっせと剥いでいた所でした。初めて見るのばっかりで、モタモタしてなかなか進みません。

気になるシダ

 書き忘れました。
 6枚目の写真、ヤマソテツの左右の「気になるシダ」は、オクヤマシダでしょうね。根茎が長く這うため、葉はややまばらに出ます。

先週 岩手県の山でみたのも これでした。
前にも見たなあと思ったんですが。ヤマソテツでしたね! 前のブログ見ていたら 以前に教えていただいていました。
一年たつと忘れてるのばっかりです・・・
確認できてすっきりです。 ありがとうございました~。
北海道の方がきれいな感じがします。こまつなさんの撮影だからかな~^^
いしのまきから離れて生活しているとシダともはなれてしまっています。みんなわすれてしまう~!!

>みっちゃん先生

こんばんは~ オクヤマシダですか!
これもたくさんあったので、撮ってきました。
名前は全然見当が付いていなかったので、教えて頂いて良かったです~。
次回早速やってみます。

>volさん

北海道の植物が着々と進んでいますね。いいなぁ。
参考になって、助かります♪
私は初日から高い防波堤が目の前にそびえている様でさっぱりなんです。でもやるしかない。。頑張ります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索