私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

タカサゴシダ

オシダ科 オシダ属
山地林床、林縁に生える常緑性のシダ。これも兵庫県で教えて頂きました。日本では屋久島以北で屋久島には多く、台湾、フィリピンに分布するそうだけれど、沖縄には無い様です、なんでだろう。
resize36375.jpg



(追記)この画像のものは典型的なタカサゴシダというより、タカサゴシダとトウゴクシダの中間型らしいです。
トウゴクシダとはベニシダとタカサゴシダの中間的形態を持った無融合生殖種。
いつか典型的なタカサゴシダに会えたらいいなぁ。。


葉身は卵状三角形、又は五角状、3回羽状深裂~全裂、先は急に細くなり、尾状に伸びる。最下羽片が一番大きく、下向き第一小羽片が特に大きい。
resize36374.jpg

最下羽片、左右対称ではない様な気がします。最下羽片の柄は短い。
resize36380.jpg


葉柄基部の鱗片は披針形で黒褐色、光沢があり大きい。
resize36378.jpg

葉柄上部、中軸の鱗片は線形。羽軸、小羽軸に袋状鱗片が多い。
resize36376.jpg

胞子嚢群は小羽片の辺縁と小羽軸の中間につき、胞膜は径1mm。
resize36377.jpg

未だ若いタカサゴシダ。 このシダは京都では絶滅危惧種なんですね。
resize36382.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索