私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

谷地坊主(カブスゲ)

新冠の半官館森林公園を歩いていたら湿原に行き当りました。木道を歩いていると大きなミズバショウと共に積み藁の上にカヤツリが生えている様に見えた面白い光景に出合いました。良く見てみたらとカヤツリグサの巨大な株でした。
resize35455.jpg
昨年の葉が枯れたにしては綺麗な姿で残っていて根が堆積された上に今年の葉が出て来ています。公園の名前とカヤツリグサ科で検索をかけてみたら、谷地坊主という言葉が出て来ました。長い年月を経てこんな姿になるのでしょうか。面白いです。
resize35715.jpg

小穂がたくさん上がっています。
resize35454.jpg


手繰り寄せてどうにか写して見ました。 頂性する雄性小穂にはやや長めの柄があります。側小穂は雌性で柄は短め。
resize35457.jpg

雄麟片は黒褐色。(3本とも別々です)
resize35460.jpg

雌麟片も黒褐色で果胞より長く個性的なスゲだなと思います。有花茎の縁は触ると痛い位の鋭いトゲ状。
resize35461.jpg
旅先なので、いつか何処で同じスゲに会えたら痩果など覗いてみたいです。

追加:旅から帰ってすぐはこんな感じでした。↓モタモタしているうちに黒くなってしまい。。 雌麟片の先が大分長く見えるのは果胞が乾燥したからなのか。有花茎は乾燥しているのが残っていたのでもう一度触り直してみたら下部ではザラつきません。(ここだけはオオサゼスゲに一票なんですが。。)有花茎の長さは47cm。 
雄小穂の長さは2.5cm、柄は1cm。雌小穂の長さは1.3~1.5cm。柄はほとんどない様に見えます。
resize35462.jpg

どうにか柱頭が写っていないか探したらありました。ミイラみたいな痩果ですが、柱頭は2岐、どうにかギザギザが写っています。
resize35738.jpg
下のコメント欄でみっちゃん先生とマツモムシさんにカブスゲかオオアゼスゲかと教えて頂きましたが、基部の鞘の様子や葉の様子は確認できていません。区別が難しそうですね。又行ける事があるかどうか分かりませんが、何処かで会えたらいいなぁと思っています。

果胞に脈があるかどうか。。 
いくつも見てこんな感じで、脈が無い様に見えますけど(乾燥している)
resize35743.jpg
↑上の果胞の画像は枯れてはいるが、脈の様なものが見当たらない事、また雄小穂は頂性する一個だけで、この特徴を合わせてカブスゲと言う事にしました。(コメント欄でマツモムシさんに教えて頂きました。)

水の流れている所ではエゾノリュウキンカが綺麗に咲いていました。これって別名がヤチブキだったのですね。花が咲き出す前に山菜で食べた事がありました。
resize35716.jpg

ミズバショウ、久しぶりに見ました。
resize35719.jpg
スポンサーサイト

コメント

印象深いスゲですね

 谷地坊主ですましておいた方がよいかな? カブスゲでしょうかね? 当地にもないので、これ以上はいえませんが、印象深いですね。

こんばんは~

さすが こまつなさん、目のつけ所が違いますね、地元の方たちは谷内坊主と説明してくださいました。
私も最初見た時は びっくりしましたが。モコモコと並んでいておもしろいですよね、
サクラソウ科の花たちも ずいぶんと「見られたのですね。
全部で何種類の花をみていかれたのでしょうか?
随分と当たりましたね~

谷地坊主

 谷内坊主をつくるのはカブスゲかオオアゼスゲ。画像で区別するとしたら、カブスゲは頂小穂1個だけが雄性、オオアゼスゲは頂小穂の1~2個が雄性という点。しかし、アゼスゲ節なので変異も多いと思います。やっぱり、谷内坊主とするのが無難かな?

>みっちゃん先生

小穂だけは2~3本貰って来たのですが、1週間後に帰って来た時は全部が黒く乾燥してしてまってもう諦めようかなと思っていました。
(´。`;)とほほ・・・でも・・・ちゃんと分かる所まででも手抜きせずにやらんと行けませんね。

一応計測はしていたのでこれからもう一度やりなおします。ちょっとだけお時間を。。

>ココさん、

 あ、今せっせと柱頭2岐の画像がないかさがしていました。
その間にコメントを頂いて、有難うございます。
サクラソウ科色々あって名前が分からなくなって、整理してみました。まだまだたくさんありますよね、以前ソラチコザクラも見せていただいたし。。
 今回もおかげ様でたくさんの花を見ましたが、まだ全部整理出来ていなくて数えきれていません。この先もいくつかアップしたいので、ココさん見ていて下さいね。

>マツモムシさん

谷地坊主を作るのはこの2種なんですか、候補を挙げて頂いて有難うございます。多分名前の同定まで行かないかも知れませんが、どこかに違いがないか、もうちょっと書き足します。

果胞をしらべる

 まだ手元に小穂があるのであれば、果胞の表面に脈があるかどうか調べてください。脈があればオオアゼスゲ、無ければカブスゲです。

>マツモムシさん

 残りの小穂の果胞を全部みたのですが、一応画像は追加してみました。脈は無い様にも見えるのですが、乾燥していてどうも判断が難しいです。
初めに諦めずにやれば良かったのですが。。

カブスゲでは?

 果胞の画像を見ると、乾燥によるシワらしきものは見えますが、脈はないようですね。撮ってきた画像に、上部2つの小穂が雄性となっているものが見つからなければ、カブスゲとしてもよいと思います。

 間違えてオオアゼスゲでは?としてしまいました。急いで書き直しましたが、修正前の文章を読んでいたら混乱させてしまったと思います。ごめんなさいm(_ _;)m

>マツモムシさん、

 今、寝る前にこちらに来ました。昨日は残っている物をだいぶ見ましたが、似た様な物ばかりでした。脈は無いかもと思っても自信がなかったですが、雄性小穂はどれも頂性する1個だけです。これは丁寧に画像を拡大して見ました。

カブスゲですね、やっと谷地坊主に名前が付いて良かったです。お手間を取らせてすみません、有難うございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索