私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

サクラソウ科の花

先月の旅で5種類のサクラソウ科の花を見ました。花が良く似ているので見分けが難しく現場では混乱してしまう事が多かったので、特徴を整理してみます。

サクラソウ(新冠の樹林下で)
本州や九州の高山、北海道では湿った樹林下でみられる多年草。
サクラソウ2014.5.21-1

花の径は2~2.5mm。色の変化は大きく白花もある。株全体に縮れた毛がある。
サクラソウ2014.5.21-3

葉は縮れて長さ4~10cm、幅3~6cm。縁には二重の粗い鋸歯がある。園芸種でサクラソウとして売られているのは本種とは違うらしい。
サクラソウ2014.5.21-2

オオサクラソウ(石狩市の山の登山道で)
分布は北海道西部、本州(中・北部)。広葉樹林のやや湿った所に生える。これも登山道沿いの渓流の側でした。エンレイソウと一緒に。
オオサクラソウ2014.5.24-2

花は茎の先にいくつか枝分かれして4~8個の花を1~2段に輪状につける。葉は円形、長さ、幅ともに5~12cm、7~9の浅い切れ込みがある。
オオサクラソウ2014.5.24-1
別な場所でみたエゾオオサクラソウに比べると茎や毛が少なかったので本種としました。
オオサクラソウ2014.5.24-3

エゾオオサクラソウ(アポイ岳登山道の樹林下で)
分布は北海道東部。山地の林内に生える。葉は長い柄を持ち円心~腎心形で浅く7~9裂。径6~12cm。登山道でお花畑が出来ていました。
エゾオオサクラソウ2014.5.22-1

オオサクラソウに似るが花茎の下部と葉裏の脈状に長軟毛がある。
エゾオオサクラソウ2014.5.22-2

サマニユキワリ(アポイ岳尾根沿い)
アポイ岳の固有種で、ユキワリコザクラの品種。草丈は5~10cm。
サマニユキワリ2014.5.22-1
葉は根元にまとまってつき、小さいサジ形で卵~楕円形、縁が裏側におれる。花冠は浅く2深裂する。花の色ははじめ紅色だが日数が経過すると色が薄くなる。
サマニユキワリ2014.5.22-2
花冠の径は1.5cm以下と小さい。
サマニユキワリ2014.5.22-3

ヒダカイワザクラ(アポイ岳尾根沿い)
北海道日高山脈に自生する高さ5~12cmの多年草。岩に張り付くように生える。葉は1~3個、円~円腎形、幅は2~5.5cm、浅く7裂する。
ヒダカイワザクラ2014.5.22-2
今年は岩の隙間にこんな風に一列に並んだ楽しい光景を見ました。
ヒダカイワザクラ014.5.22-1
スポンサーサイト

コメント

サクラソウ

こまさん、こんにちは
サクラソウは花だけ見るとよく似ているけれど、大きさや葉の形が違うのかしら、かわいいですね、サクラソウ。花も魅力的だけど、最近はスゲもシダもおもしろいですよね。
そうそう、スゲを撮っていたらアギスミレみたいなスミレがありました。ヒメアギとどこで見分けるのだろう?この仲間は難しいですね。ニョイスミレにしといたほうがいいのじゃないか?なんて言われるから、まじめに観察したことがないのです。
沖縄はもうすぐ梅雨が明けて活動開始ですか?これから長崎が梅雨に入るので過去のフォルダの中からゆっくり考えてみることにします。

>pandaちゃん

 こんにちは、pandaちゃん。
長崎はこれから梅雨入りですか、どうか大雨になりません様に。。こちらはまだ明けてはいませんが、曇りでもそれほど降らなくてまだ涼しいです。明けると多分ガンガン暑くなるからその方が怖いかな。。

サクラソウは花が可愛いとそれだけで良いかなと思っていたけれど、取りあえず記録、保存のつもりです。時間がなかったら簡単にまとめた。。^^;

 同じく私も今はスゲやシダが面白いので、その気持ちに逆らわない様にマイペースで進むだけ。。ね(o^^o)

 でも~~ アギスミレもヒメアギスミレも見た事がないのです。どう違うのか、今マツモムシさんの所で勉強して来ました。ブーメランの葉、いつか長崎に見に行かせてね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索