私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

コハリスゲ

北海道のウトナイ湖と判官館森林公園内で見かけました。有花茎の高さが15cm程度。とても小さなスゲ。
resize35362.jpg
この有花茎の高さは14cm。葉の幅は1mm。両方ともざらつきがあります。
resize35372.jpg

有花茎の幅は1mm、断面は先の鋭尖の稜のある三角形でした。
resize35376.jpg

基部の鞘は淡褐色。
resize35360.jpg

花序は1個頂生し長さ4mm、上部が雄性、下部が雌性。
resize35371.jpg

雄麟片、雌麟片ともに褐色で先が尖る。果胞は麟片より長い。
resize35366.jpg

果胞は長さ2.2mmで長卵形。痩果は長さ1.5mmで楕円~卵形。柱頭は3岐する。
resize35364.jpg

新冠の判官館森林公園でも見かけました。
resize35356.jpg

こちらのも麟片の先は鋭頭。コハリスゲで大丈夫でしょうか。
resize35377.jpg
スポンサーサイト

コメント

コハリスゲ

 こまさん、こんにちは。
 コハリスゲの細部の特徴がよく捉えられているページができましたね。私もコハリスゲのページを準備中なのですが、まだ画像が足りなくて先を越されてしまいました。稜のざらつき、ごく小さな雄小穂、熟してもあまり開出しない果胞、鋭頭褐色の雌鱗片、痩果を密に包んだ果苞の状態が一目瞭然です。素晴らしい!web上で一番です。

>マツモムシさん

 マツモムシさん、早速有難うございます。
 pandaちゃんのおっしゃる通り、旅先でみた植物はもう二度と会えないかも知れないし、小穂を貰って来ても早く分解しないと脱水状態になるし、違っていたらどうしよう。。と気をもみながらやってみました。ホッとしています。
 北海道でみたカヤツリグサ科はあと3種ありますが、名前の検討までたどり着けるかどうか、またよろしくお願い致します。

この勢いで、東村のも!

 コメントはマツモムシさんのもので意を尽くしていますね。まだコハリスゲを丹念に見たことがない私としては、しゃしゃり出る幕ではないようでもあります。
 変異の多いハリスゲ類のこと、東村のものもハリガネスゲの可能性はゼロではないのですが、サトヤマハリスゲのほか、根茎が匍匐していればコウヤハリスゲ(類)である可能性もあります。果胞が落ちていても、コウヤなら根茎の形状でわかりますよ。

>みっちゃん先生

 みっちゃん先生、こんばんは!
 ここ最近画像の整理やら、スゲの検索で頭が痛い毎日ですが、元気づけのコメントを頂くと俄然調子が出て来ますヽ(´∀`)ノ゚+
 東村のものも、初めからのつもりで、根茎の様子も観察して来ますね。またpandaちゃんのタチスゲを拝見したので、沖縄のタチスゲを探してリュウキュウタチスゲとどの程度違うのか、見れたらいいなと思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索