私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

コウキヤガラ

畑の縁に水を流れていて、カヤツリグサ科の植物がいくつかありました。並ぶように生えているので根が繋がっているのではと思いました。
resize34544.jpg
小穂にピントがあっていませんが、有花茎の高さが50cm程度、苞葉がそれより長く伸びています。葉の幅は2~5mmと細長かったです。
resize34558.jpg


有花茎は三角柱形で先端に1~数個の小穂をつけ、これは1個は柄がついて、やや長めのがありました。
追加:この長めの「柄」は一個の小穂をつける花序枝。 コウキヤガラでは、長めの花序枝が1~2個しかなくウキヤガラでは多数。
resize34546.jpg

1本だけ引き抜いてみたら太い根の先に塊根がいくつか付いていて、ここから又芽を出し増えて行ってます。
resize34547.jpg

この塊根は幅1cm、長さ1.2cm。図鑑を読むとまだ大きいのもある様です。
resize34550.jpg

小穂は長さ1~1.3cm。
resize34552.jpg

一番外側の麟片。長さは6mm。先端は凹み、中肋は突き出して芒となる。
resize34553.jpg

痩果を見つけました。柱頭は2岐。
resize34554.jpg

痩果は扁平な感じで長さは3mm、真中が凹んでいました。新鮮なものは光沢があるそうです。コウキヤガラでは柱頭は通常二岐で痩果は扁平、ウキヤガラでは三岐で痩果は三稜形。
resize34556.jpg
名前が合っていればウキヤガラ属は初めなので楽しくなりました。
スポンサーサイト

コメント

合ってますよ

 いいですね~。京都では珍品です。
 ウキヤガラは沖縄には知られてなかった? コウキヤガラとウキヤガラの区別点として「コウキヤガラには小穂の柄がほとんどない」というのがありますが、これは誤解。正しくは「コウキヤガラでは、長めの花序枝が1~2個しかない。ウキヤガラでは多数」と言うべきです。上から三枚目の写真の解説にある「柄」はそのままで良いですが、この「柄」は実質は一個の小穂をつける花序枝です。
 でも、「コウキヤガラでは柱頭は通常二岐で痩果は扁平、ウキヤガラでは三岐で痩果は三稜形」という特徴がありますから、とくに区別に困ることはありませんね。
 うちの畑にも、水気の多いところにウキヤガラを植えてあります。淀川の工事で移植した残りを貰って来たのですが、増えること増えること!一年で10倍くらいになります。でも適度な日陰を作るし、個人的に好きなので、増えるにまかせています。

>みっちゃん先生

 合ってましたか! 良かった♪
 この仲間は麟片の内側に痩果があって、果胞をはがす手間がかからず、楽でした。琉球植物誌にはウキヤガラは載っていなかったので、無いのかもしれません。あったら比較出来て良かったのになぁ。。でも教えて頂いた違いをメモしていつか見比べられたらと思います。
 あと、3番目の画像の説明は追加しておきます。
 1年で10倍に増えるのですか、今回見て来た所は水分の多い畑で昨年見た時も水が流れていました。夏を過ぎるともっと大きくなって、密集しているのですね、細長い葉が涼しげでした。又時間を置いて行ってみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索