私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ハイホラゴケ属4

リュウキュウホラゴケ

以前にも他で見ていますが、前回の3種と同じ場所にあり、リュウキュウホラゴケが関係する物もあったので細部を測って載せて見ます。ハイホラゴケやオオハイホラゴケに比べると翼の幅が小さいのでとてもスッキリと繊細で綺麗です。
リュウキュウホラゴケ20160904

more »

スポンサーサイト

ハイホラゴケ属3

セイタカホラゴケ(ハイホラゴケ×オオハイホラゴケ)

当初、ハイホラゴケかなと思っていたのですが、オオハイホラゴケが関係しているが根茎や葉身が小さめという事でセイタカホラゴケと教えて頂きました。根茎は良く分岐して岩上を這い、1~2cmの間隔で葉を出しています。他の物は岩壁から垂れ下がっていましたが、これは垂直~斜めに葉を立ち上げて綺麗でした。
セイタカホラゴケ20160904


more »

ハイホラゴケ属2

オオハイホラゴケ

これも岩壁を這っていました。岩の上に土も溜まっていました。ハイホラゴケに比べると大きくて、葉身の下の方は葉が重なったりしてごちゃごちゃとしている様に見えます。根茎は長く匍ふくし、不規則に分岐、葉と葉の間隔は2.5~3.5cm程度空いていました。
オオハイホラゴケ20160904

more »

ハイホラゴケ属1

少し前に入った山はシダが豊富な所で、中でも渓流でみかけるホラゴケの仲間が多く見られました。今まで見分けたいと思いつつそのままになっていたので、今回は現場でも時間をかけて観察してみました。

ハイホラゴケからやってみます。
山地の渓流沿いの岩壁を這う常緑のシダ。根茎は長く匍ふくし不規則に分岐する。葉は2~2.5cm間隔でついていました。
ハイホラゴケ20160904

more »

林縁で 2016.9.9

先週、小雨が降るので車で林縁をゆっくり走って来ました。
まず目に付いたのが ケカラスウリ 
葉に毛があるからこの名前ですね。良い色になってきています。
ケカラスウリ20160909

more »

アカヒゲガヤ・ウスアカヒゲガヤ

色々とする事があってなかなか更新出来ずにいましたが、気が付けばもう、イネ科の花が綺麗な時期なっていました。アカヒゲガヤの名前を聞いた時はカヤツリグサ科?と思っていましたが、イネ科にも○○ガヤ、○○カヤとつく物が結構ありますね。

当初アカヒゲガヤとして載せていた物は、ウスアカヒゲガヤだという事が後で判りブログを修正しました。よく似ているのでここで比較するするために両方を載せます。(2017.1月)


アカヒゲガヤ
イネ科 アカヒゲガヤ属
日当たりの良い荒地、草地に生える多年生草本。束生して稈は上向~斜上し、高さは30~100cm。(以下画像は2016.10.10)
アカヒゲガヤ20161010

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索