私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

福岡へ(3)

ホタルカズラ ムラサキ科 ムラサキ属
歩く足元に小さい紫色の花が咲いていました。たしか以前広島でも見かけた事がありました。分布は広く沖縄にもある様ですが、見た事がないです。
ホタルカズラ

more »

スポンサーサイト

福岡へ(2)

ラン科の植物をまとめてみます。
サイハイラン  ラン科 サイハイラン属
山地の林下、林縁に生える多年草。この花は前日の熊本でも見ていましたが雨のせいで良く撮れていなくて福岡の分だけにしました。花は茎頂に10~30個密生してつく。あまり開かずこんなかんじで開花の様です。
サイハイラン

more »

オオハナワラビ

ハナヤスリ科 ハナワラビ属
山地林下にみられる冬緑性のシダ。4月半ばの高尾山ですみれを見に行った時にみました。ソーラスは冬に熟する様で、もう無くなっていましたが、ハナワラビの仲間は栄養葉の様子でもわかるかなと載せてみました。
オオハナワラビ

more »

福岡へ (1)

二日目、この日は福岡県でした。前日の雨はすっかり上がって晴天の一日、時々日傘もさしながら一日中歩きました。メモを頼りに復習します。

ヤマハタザオ  アブラナ科 ヤマハタザオ属
ヒョロヒョロと草の中に生えていました。以前長野県でミヤマハタザオを見た事がありましたが、それよりも草丈がありました。
ヤマハタザオ


more »

カミカワスゲ

カヤツリグサ科 スゲ属
湿地や草地に生える多年草。他の草と混ざって見にくい画像になってしまいましたが、手前の細めの葉で叢生する草です。有花茎の高は30~35cm。葉よりやや高めか同長さでした。
カワカミスゲ

more »

熊本へ (4)

サクラソウ  サクラソウ科 サクラソウ属
高さ20~40cmの多年草。昨年はこの花を北海道で見ました。また会えたね!って
resize47373.jpg

more »

テンニンカ

フトモモ科 テンニンカ属
陽当りの良い明るい林縁に生える高さ1~2mの常緑低木。5弁花で美しい花を咲かせるので園芸店で売られていて栽培されている物も多くあり、以前に撮影したものは栽培や民家周辺に生えていたものだったので、野生のものが見たかったです。これはカヤツリグサ科の植物を捜しに歩いている時に見かけました。
resize47420.jpg

more »

熊本へ(3)

イブキトラノオ タテ科 イブキトラノオ属
草丈50~120cmの多年草。この時は雨はやんだり降ったりでしたが、草原に白い花序が目立ち濡れても良い雰囲気でした。
resize47327.jpg

more »

熊本へ(2)

バイカイカリソウ  メギ科 イカリソウ属
草原で見ました。草丈は15~30cmの多年草。小さい白い花でした。距がなくて梅の花に似ているからバイカイカリソウ?
resize47185.jpg

more »

ツクシミノボロスゲ

熊本県の標高の高い場所の湿った草地で見かけました。狭い通路で踏まれながらもかなり叢生して強そうです。
resize47100.jpg

more »

熊本へ(1)

九州へ行って来ました。花友さんとそのお友達にも案内して頂いて沢山の花を見る事が出来ました。名前を調べながらわかったものから載せて行きます。九州は二か所、まずは初日の熊本県の植物を整理してみます。この日のお天気は雨、台風6号が沖縄を通り過ぎる時で、傘をさしながらでしたが、特に休憩するほどの大降りではなかったです。

サワギク  キク科  サワギク属
山地や林縁の湿った場所に生える草丈50~100cmの多年草。すっきりとした立ち姿はなかなかかっこ良かったです。
resize47082.jpg

more »

アカネ科の樹木の花

シロミミズ アカネ科 シロミミズ属
樹林下に生える常緑の低~小高木。
resize47020.jpg

more »

5月の野生ラン

タカツルランも5~6月が開花ですが、他に見かけたラン科の花もあります。
コクラン ラン科 クモキリンソウ属  
resize46949.jpg

more »

タカツルラン

ラン科 ツチアケビ属
昨年とは違う場所で花を見る事が出来ました。タカツルランは葉をもたない腐生ランでよく枯れた樹木に茎を這わせて伸びて行きます。
resize46934.jpg

more »

オキナワテイカカズラ

キョウチクトウ科 テイカカズラ属  別名リュウキュウテイカカズラ
久しぶりに山仲間とやんばるに出かけて来ました。そんなに最近は数多く山に入っていませんが、気のせいか今年はやたら花付きの良い植物が多い様な気がします。この花も林縁を走る車の中からでも目に入って来ました。
resize46822.jpg

more »

ホソバトウゲシバ

ヒカゲノカズラ科 ナンカクラン属
トウゲシバには ホソバトウゲシバ、ヒロハトウゲシバ、オニトウゲシバの3タイプがあり、ホソバがどの程度細いのか、一度見てみたいと思っていました。すみれ目的で出掛けた長野県でタチツボスミレを囲むように生えていたトウゲシバがあり、これがホソバと教えて貰って、あ、成程!と思いました。オニトウゲシバより大分華奢な感じがします。
resize46721.jpg

more »

旅先の花(4) 2015.4.18~23

樹木は少しだけです。
マルバアオダモ  モクセイ科 トネリコ属
離れた所でしたが白い樹の花が目につきました。狭山丘陵で。葉は先の尖る長楕円形。
resize46428.jpg

more »

旅先の花(3) 2015.4.18~23

カッコソウ サクラソウ科 サクラソウ属
山地樹林下に生える高さ30cm程度の多年草。時期的には早目の様でしたが、丁度咲き始めたばかりの所が見られました。山を登る途中でこういう花にあえると一気に元気が出てきます。サクラソウ科の花は可愛いですね。これは群馬県で。
resize46633.jpg

more »

旅先の花(2) 2015.4.18~23

草本をまとめてみます。
クチナシグサ ゴマノハグサ科
リュック隊のみんなと2日目におにぎりを食べて休憩している広場に咲いていました。日当たりのよい草地、土手、二次林の林縁などに見られる2年草で半寄生植物。これは狭山丘陵で。
resize46424.jpg

more »

旅先の花(1) 2015.4.18~23

シソ科の花を集めてみました。
カキドオシ  カキドオシ属
円腎形の葉が可愛らしい多年生草本。株全体に細毛があり、初め茎は立ち上がるがその後倒伏し、長く伸びる。伸びて垣根も越えるからカキドオシ。全草が薬用になっていて生薬名が連銭草、葉が丸い所から銭に見たて、葉が茎に連なっているから連銭草。幼児の夜泣きや疳の虫に効果があるので疳取草(カントリソウ)等々調べてみたら面白かったです。狭山丘陵で。
resize46454.jpg

more »

 | HOME |  »

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索