私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オキナワセッコク

今月初めに蕾らしきを見ていましたが、3度目で花を見る事が出来ました。1月から場所によっては3月位まで開花が見られますが、ここのはかなり早い様です。
resize43336.jpg

more »

スポンサーサイト

オオメシダ

イワデンダ科  オオシケシダ属
旭川の野草園で見かけた大きいシダ。真中の樹にはトドマツの名札が付いていました。北海道と東北~中部にみられるの温帯林の林床に生えるシダの様です。葉柄も含めると1~1.5m位ありました。
resize43194.jpg
分布は本州中部の高山から北ですが、滋賀県、鳥取県にも標本が記録されている

more »

オオイタチシダ

年内に片付けたいシダはあと2個です。
一つは先日高知に行った帰り、宇和島でみたこのシダです。ヤマイタチシダに似るけどこちらの方が艶があります。オオイタチシダはとても変異の多いシダらしく、似たものにナンカイイタチシダ、ヤマイタチシダ、キンキイタチシダ、や他にもある様で、簡単に見分けるのは難しそうです。
resize43172.jpg

more »

シノブカグマ

オシダ科 カナワラビ属
知床の硫黄山に登った時、結構苦しかった途中でみたシダです。登りに撮ったのであまり時間の余裕はなく、たった7枚コンデジで写しただけですが、良く見たらほんとに綺麗なシダなので、名前を知りたいと何度かフォルダを開いては検索していました。今日画像を眺めているうちにヒントが分かった様な気がしました。ダメモトでいいかなと腹をくくって載せてみます。どうでしょうか。。
サイズは測っていませんが中位の大きさです。あまり後ろに下がらずに葉身が写せたので葉面の長さは50~60cmでなかったかと思います。クリックで拡大出来ます。
resize43159.jpg

more »

シチトウイ(リュウキュウイ)

カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
海に近い河川の縁に生えていたもので、離れていた所から望遠で撮ったものです。大型で高さは1~1.5m。
resize43078.jpg

more »

水田に咲く花

ヒメミソハギ
ミソハギ科 ヒメミソハギ属
水田に生えていた草を教えてもらいました。高さは水面から30cm程度、茎がよく分岐しています。
resize43000.jpg

more »

アゼガヤツリ

カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
湿地や休耕田で良く見かける1年草。植物体は多少叢生し、葡ふく根はなく、有花茎の高さは20~50cm。画像のものは25cm程度。
resize42939.jpg

more »

果実の季節

木の実、草の実、色んな果実が見られる季節になりました。メモしながらおさらいを。
イタジイの実。まだ完熟ではない様ですが。
resize42826.jpg

more »

イヌホタルイかな

カヤツリグサ科 ホタルイ属
先日伊平屋島に出かけた時、休耕田のなかにポツンとホタルイ属が生えていました。この画像のもので有花茎は大きいので30cm程度でしたが、小穂が無くなった茎が多かったです。
resize42680.jpg

more »

ツヤナシヤブソテツ

シダの在庫整理中はあともう少しです。
オシダ科 ヤブソテツ属
これは関西の河川敷でみました。ヤブソテツや沖縄にあるオニヤブソテツは葉に艶がありますが、これは光沢がないのでツヤナシヤブソテツ。山地から人里の明るい所で見られる。葉身がクニャっと曲がっていて、姿はいまいちでしたが、 私にとって見る機会は少ないので載せておきます。葉身は単羽状複生で披針形、側羽片は15~30対。これは画像を数えてみたら21対ありました。
resize42606.jpg

more »

オオバヤドリギ 

ヤドリギ科 (変更)⇒オオバヤドリギ科  オオバヤドリギ属
今まで何度か通ってもなかなか花を見る事が出来ませんでしたが、三か所目のこのヤブニッケイの樹に寄生しているのに先月(11月中旬)花が咲いていました。高い所なんですが、遠くからでも赤褐色の蕾と花が見えていて、どうにか樹の下まで登って行ってズームの効くコンデジで撮影。長さ(高さ)1mに達する常緑の寄生低木。これは枝先まで1.5mはありました。
resize42409.jpg

more »

アオチカラシバ

イネ科 チカラシバ属
山に行く途中で何だろう。。といつも思っていたこの群落は、どうやらチカラシバ属ではないかと思います。花のチャンスに出会えるのはほんとにその時の運ですね。見られて良かった。
resize42300.jpg

more »

ナピアグラス

イネ科 チカラシバ属
この頃ひんぱんに見かけるチカラシバの親分の様な背高のイネ科。この場所のものは3m以上もありました。稈は直立又は倒れこんだ形も多いです。熱帯アフリカ原産で近年家畜の飼料として栽培されるようになり、また道端で野生化して巨大な姿も良く見られます。
resize42270.jpg

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索