私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

9月の野生ラン

9月もあと1日を残すだけとなりました。暑い暑いと言っていたのに、そろそろクラーなしでも眠れます。そんな季節の移り変わりも花はちゃんと知っているので、今年もいつもの花達が見られました。

オオオサラン ラン科
resize39901.jpg

more »

スポンサーサイト

柱頭3岐のテンツキ属⇒タイワンヒデリコ

偶然草地で見つけたテンツキ属ですが、名前が分からず、悩んでいました。小穂の痩果の様子がヒデリコに似ていて、サイズがやや大きめな事からタイワンヒデリコではないかとメドを付けて何度か自生地に通っていました。その後、田の中でヒデリコも見ましたが、どうも環境が違うなと感じ、柱頭が3岐するテンツキ属の中で痩果や葉の様子が似ているのを探していたのですが、画像はないですがオニテンツキの記述に似ている様に思えて載せてみました。⇒タイワンヒデリコで良い。

コメント欄でマツモムシさんに教えて頂きました。
・痩果の大きさがオニテンツキ(長さ1.7~2mm)と違う。本種は長さ0.6~0.8mm。痩果の瘤が無い点と模様が不明瞭な点を除けば、花柱や柱頭の長さ、花柱基部が膨らむ様子など、基本種のヒデリコと同様な特徴が見られる。
・シバ地に生育しているという事も、Flora of Chinaを見る限りでは生育環境にも問題はない。
・草体の株元は扁平気味に見えるというタイワンヒデリコの特徴がみられる(3枚目画像)。


2014/9/25 この時は痩果も熟し、有花茎の高さが33cmの大きめのを撮りました。
resize39836.jpg
 
2014/8/30 この時は有花茎の高さ20cm、花が咲いています。
resize39837.jpg

画像や図譜のお手本がないので沖縄県版レッドデータブックのオニテンツキの記載を載せてみます。

オニテンツキ
常緑の多年草。根茎は短く、木化する。稈は単生し、高さ20~70cm、幅1.2~1.5mm、扁平。葉は稈より短く、線形、幅2~5mm、扁平。複散形花序は長さ5~12cm、枝は2~5個、葉状の苞は2~3個、小穂は単生し、卵状長楕円形~長楕円形、密に6~17花をつけ、長さ2.5~4mm、幅1.8~3mm、麟片は卵形、長さ2.2~3.7mm、柱頭は3個。痩果は倒卵形、長さ1.7~2mm、幅1mm。オオヒラテンツキに似るが植物体がより強荘で、花序の麟片は栗色で葉鞘の竜骨状隆起が明瞭でない点で異なる。 生育環境:山地の湿地や原野に生える。


more »

ギョウギシバ

オヒシバと並んで、空き地や草地、道沿いと何処でも見かける多年草。今頃はこんな風に花がついた姿をよく見かけるので気がつきます。。草丈は15~40m。
resize39428.jpg

more »

ヒデリコ

カヤツリグサ科 テンツキ属
近くの湿地で。この日は雨がだいぶ降っていて、周りで川の様な水の流れが出来ています。傘をさして撮りました。有花茎の高さが15~30cm程度。
resize39550.jpg

more »

山地でみた低木 ミソナオシ

ミソナオシ
マメ科 ヌスビトハギ属

低山地に生える高さ1m程度の低木。花を見るまでマメ科だと気がつきませんでした。
resize39557.jpg

more »

山地でみた低木 コバフンギ

コバフンギ(キリエノキ)
ニレ科 ウラジロエノキ属

先日は湿地から離れて近くの山へ。低山の林道で見かけました。オレンジ色の実が目立ち、見た事がある様な姿でしたが、後で図鑑をみて名前は分かったものの今まで知らなかった木です。林道の所々に生えていて高さは0.5~1.5mでした。
resize39535.jpg

more »

マツバイ

久しぶりに家の近くの湿地で見ました。今の時期はカヤツリグサ科は色々探せそうで、未だ見ていないのも沢山あるかも知れないと行ってみたら早速こんな小さいのがありました。葉より有花茎の方が高くてそれでも5~8cm。
resize39383.jpg

more »

ツノアイアシ

イネ科 ツノアイアシ属
恩納村の道沿いで、木の花を見るために車を止めたら、目の前に変なイネ科がありました。何だろうと思いつつ取りあえず写真をとって、家で調べてみました。外来種だろうなと見当をつけて、沖縄植物野外活用図鑑の帰化植物を調べてみたら、ヒットしました。戦後沖縄に帰化したもので、熱帯アフリカ、熱帯アジア、豪州に分布するらしい。
resize39342.jpg

地味なんだけど良く目立つ。高さはこれで1.3m程度。ツノアイアシ属ではこれ1種のみでwebで検索すると畑の困りものらしい。
resize39344.jpg

more »

やんばる日記 2014.9.14

前日に引き続き今日も山へ。。

コノハチョウがよく飛んでいました。こんな風にとまってしまうと中々羽を広げてくれません。樹液を吸っているんですね。
resize39302.jpg

more »

やんばる日記 2014.9.13

9月になってもまだ暑いのでぐずぐずしていましたが、昨日と今日、久しぶりに出かけて来ました。

渓流でトキワヤブハギがもう咲いていて、暑いけど秋を感じさせてくれます。
resize39265.jpg

more »

タイワンカモノハシ

日当たりのよい草地にカモノハシ属が群生していました。以前は山の湿地で見たのですが、これは沖縄本島の草地で。タイワンカモノハシはカモノハシと変種関係であり、場合によってはカモノハシに合一させる事もあるそうですが、両者の違いについても前に教えて頂いたので特徴を復習してみたいと思います。
resize39119.jpg

more »

イガクサ

日当たりのよい草地、荒れ地に生える多年草。遠目に見えた時イガガヤツリ?と思いましたが、近づいてみたらちょっと違う。。痩果を覗いてみたら肩の部分に毛がみえたのでイガクサとしました。
resize38951.jpg

more »

オオヒラテンツキ

日当たりのよい原野や平地の湿地に生える多年草。昨日は雨でしたがどうしても見たくて、雨に濡れた姿ばかりですが、良い状態はまた日を変えて撮るとして、様子をみて来ました。有花茎の高さは40~80cm位です。風に揺れて赤褐色の小穂が沢山揺れていました。叢生し、葡ふく根は無く、無毛。
resize38912.jpg

別な日の画像を追加します。
resize39004.jpg.resize39003.jpg

more »

テンツキ属→クグテンツキ

日当たりのよい林縁の草地で目にとまりました。丁度花期が過ぎた頃の様です。有花茎は40~100cmと大小様々。テンツキの仲間とは思いましたが、詳細をみてクグテンツキではないかと考えていますが。
resize38815.jpg

more »

イタチガヤ

昨日は久しぶりにやんばるの山を歩いて来ました。渓流に着いた時、あ、これ!早速イタチガヤらしきイネ科がありました。多分雨だった今朝は水に浸かっていたと思われる様な所。今までは名前を知らずにいましたが先日知人のブログで見せて頂いたばかりだったのですぐに分かりました。
resize38782.jpg

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索