私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

知床の花(8)

高さ1~2m級のセリ科の草は見分けが難しいです。教えて頂きながらも次に会うとなんだっけ?。。ばっかりでした。その中で、これは?。。と又聞いた時に 「お侍が着ける物」  とヒントを貰ってエゾノヨロイグサと覚えました。

エゾノヨロイグサ (セリ科)
海岸や道端・山地の草地に生える大型の多年草。草丈は1~2m。茎は直立して紅紫色を帯びる。これも2m位ありました。周りには他に似たセリ科、チシマアザミ、ヨモギ等が見えますが、取りあえず真中に集中。
resize37388.jpg

more »

スポンサーサイト

知床の花(7)

エゾノキリンソウ (ベンケイソウ科)
草丈は10~30cmの多年草。これは海岸の石の間からこんもりと見事な株になっていました。マンネングサの仲間は沖縄にもあるし、5月には関西の山中でも見ました。色んな種類があるようです。
resize37335.jpg

more »

タヌキアヤメ 2014.7.25

ちょっと休憩して、先日見たタヌキアヤメを載せてみます。

タヌキアヤメ科 タヌキアヤメ属
日本では1属1種  九州南部~沖縄各島に分布します。草丈は50~100cm。でもこうして撮ると2m位に見えますね^^ お天気が良かったので夏の青空を背景に撮ってみました。
resize37318.jpg

more »

ハクサンスゲ

雨竜郡の湿原でみました。画像で見ると大きく見えますがそうでもなくて、小さな小穂が連なって可愛らしく見えます。
resize37298.jpg

more »

知床の花(6)

知床でみた低地の草本を続けてみます。

エゾクサイチゴ (バラ科)
低地の荒地・草地などでみられる多年草。これは海岸沿いの石の中でポツポツと咲いていました。
resize37237.jpg

more »

知床の花(5)

シレトコスミレを見に登った時に咲いていた花の続きです。(木本)

カラフトイソツツジ  (ツツジ科)
ハイマツの低木林下に生える常緑低木。初めイソツツジと思っていましたが、道の駅で購入した「知床の高山植物」を花友さんから見せてもらって参考にしました。
resize37123.jpg

more »

知床の花(4)

シレトコスミレを見に登った時に咲いていた花をまとめて載せてみます。頭の中はスミレでいっぱいで、多くの植物を横目で見ながらだったので簡単にしか撮っていません。まずは草本から。

エゾコザクラ (サクラソウ科)
後半のだいぶ苦しくなった時に咲いているのが見つかって、とても元気をもらいました。サクラソウ科の花はどれも可愛らしく、草丈は10~15cm。
resize37169.jpg

more »

知床の花(3)ネムロスゲ

エゾスカシユリやハマナス、エゾフウロ等綺麗な花の咲く知床の原生花園に、黒い麟片の小穂がついて大きくて立派なスゲがありました。これは見逃すわけにはいかない、と写して来てクロボスゲの仲間ではないかと検索したらネムロスゲという名前に行き当りました。
有花茎の高さが70cm、葉は60cm。
resize37082.jpg

more »

アゼスゲ節⇒ヤラメスゲ

湿原の木道を歩いていると色々なスゲが目に飛び込んできます。このスゲの葉は有花茎と同長かそれより長く、高いので1mはありそうな群落でした。。 
resize37067.jpg

more »

タカネハリスゲ

湿原の木道でおにぎりを食べていた目の前で細いスゲを見かけました。トキソウやツルコケモモが足元で咲いています。(2014.7.12)
resize37045.jpg

more »

知床の花(2) 

エゾモメンヅル マメ科
知床でしか会えないマメ科の花が満開でした。この日は雨、歩きにくい道を濡れながら頑張った先にはお花畑が広がっていました。
resize36986.jpg

more »

知床の花(1) エゾノレンリソウ 

マメ科  マメ科 レンリソウ属
時刻は夕方の6時半、そろそろ宿に帰らなくては、と言う時に道路脇の草地に生えていました。あ、5月に関西でみた花がこんな所に。。 という思いがけない出会いでした。
resize36906.jpg

more »

ヤマソテツ

キジノオシダ科 キジノオシダ属
北海道雨竜郡の林下でみました。丁度胞子葉が立ち上がって新鮮な葉が綺麗でした。
resize36798.jpg

more »

ヒカゲノカズラ科

エゾヒカゲノカズラ
向陽の斜面等に生える常緑草本。 茎は葡ふく茎と直立茎があり、葡ふく茎は地表付近を長く這い不規則に又状分岐し、所々に根を生じる。胞子嚢穂は直立茎の上部につく。

これは知床の硫黄山の中腹辺りで見ました。初め普通にヒカゲノカズラだとして写しました(7/8)。このあと4日過ぎて別な林道でも見かけて、両方を比べてみたら、どうも大きさや環境に違いがあるなと思い、図鑑をしらべて、エゾノヒカゲカズラというのがあるらしい事に気が付きました。
resize36745.jpg

more »

イチヤクソウの花

カラフトイチヤクソウ (イチヤクソウ科)(7/9)
旅の5日目、硫黄山の登山の途中で見かけた花ですが、初めはコバノイチヤクソウと思っていました。後で確認してみたら、花の付き方や葉の様子から本種ではないかと思いました。目的地に着くまでひたすら登る事が目的だったので、コンデジで撮った数も3枚しかなくちょっと残念なことをしたなと反省しています。
resize36728.jpg

more »

ワタスゲ

pandaちゃんのリクエスト、ワタスゲ♪
今までは風景として眺めていた気がします。それでも充分な癒される景色となるんですが、今回はせっかくのチャンス、カヤツリグサの勉強のために見て来ました。(7/6)

雨竜沼湿原は前夜に雨が降り、朝6時頃から登って行きましたが、ワタスゲはまだ湿気を帯びて小穂がフワフワではありませんでした。ミズバショウはすでにおわり、エゾカンゾウがこれから咲き始めるのだと思います。
resize36710.jpg

more »

ゴゼンタチバナの種 

長い事お休みを頂きました。北海道は家族の用事もありましたが、その前後や中間で、近くの山や、遠くの山、湿原等を回って来ました。10か所10日間で見て来た植物はいくつになったか、、アップに年内はかかりそうですが、今回一番見たかったスミレを見る事ができ、又、初めて行った所ばかりで良い思い出が出来ました。画像はまだ整理に時間がかかりそうなので、分かるものから順序良く記録しておきたいと思います。

エゾゴゼンタチバナ ミズキ科
上川町の湿地で見かけました。高さは20cm程度で、白い4個の総苞片の上に黒い花が集まって咲いていました。
resize36669.jpg

more »

ヤンバルゴマ

梅雨が明けてもまだ雨が降り蒸し暑い毎日です。
そんな中、やんばるよりまだ北側の離島でヤンバルゴマの花が咲き出していました。高さ60~100cmの低木、分岐は少なく葉の表面を除き全株星毛を密布する。
resize36585.jpg

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索