私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ホウザンスゲ

別名は ホウオウスゲ
山地の樹林下、木漏れ日が刺す様な所でみました。葉の色が濃い緑色です。
resize33574.jpg

more »

スポンサーサイト

オオバケアサガオ

ヒルガオ科  オオバケアサガオ属

林縁や低地の木の上を這うやや大型の蔓性の草本。茎や葉柄に長い開出毛があります。名前の通り大きな葉でノアサガオ等と一緒に生えていました。葉は長さ5~10cm。花はとても小さく長さ1~1.5cm、薄く緑色を帯びる花。
resize33471.jpg

more »

アリサンタマツリスゲ

以前花や小穂がない頃に教えて貰っていましたが、二度目に見た時は淡い褐色の葉鞘部に特徴があるので、覚えていました。山地の樹林下のやや日が当たる所に生えていました。
resize33428.jpg

more »

カズザキコウゾリナ

キク科 ツルハグマ属
基本種はオオキバナムカシヨモギでその変種とされていて、姿は良く似ていました。草丈は1.5m位のものがありましたが、それより大きいのもあるのかも知れません。
resize33394.jpg

more »

ルビーガヤ

陽のあたる道端の草地に生えていました。昨年も同じ所に生えていて、とても気になっていたのですが、二度目に見た時「あ!ルビーガヤだ」と急に名前が出て来ました。以前から見たかったので図鑑を眺めていました。稈は束生して細く草丈は1m位あります。
resize33360.jpg

more »

ビシンジュズネノキ

アカネ科 アリドウシ属

山地樹林下でみられる常緑の低木。アリドウシの変種。基本種のアリドウシに比べて高さがあり枝の分岐は疎らで節間が長い。同じ変種のコバノジュズネノキに似るが葉質はややうすく乾けば褐色になる。アリドウシに比べて棘は短く通常5mm以下。アリドオシは⇒こちら棘の長さは5~20mmあります。
ビシンジュズネノキ2014.3.14-1

more »

アオキ

ミズキ科 アオキ属
アオキの赤い実や赤紫の花はすみれを見に高尾山に行った時に何度か見かけていました。でも沖縄では数も少ない様なので、先日見かけた時に撮りました。
resize33329.jpg

more »

ムラサキヒゲシバ

イネ科 オヒゲシバ属
別名 シマヒゲシバ、タイワンオヒゲシバ 熱帯アメリカ原産。

沖縄の中で一番多く見かけるイネ科だろうと思います。何処でも生えているし、道路沿いには必ず見かける繁殖力の強い雑草です。
resize33128.jpg

more »

ヒメユズリハ

ユズリハ科 ユズリハ属

名前の響きがいいこの樹に赤紫色の蕾がたくさんが付いていました。雌雄異株でこれは雄花。
ヒメユズリハ2014.3.13-4

more »

シラスゲ

林縁で見かけたカヤツリグサのひと固まり、この様子から根は繋がっているのではないかとまず思いました。
resize33273.jpg

more »

リュウキュウスゲ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昨年(2013年)9月に作ったページですが、リュウキュウスゲの詳細を追加して作り直しました。(2014.3.14)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


カヤツリグサ科 スゲ属

時々行く山や林縁でみます。分布は南九州~沖縄にかけて。
昨年の9月の画像ですが、すでに棍棒状になった雌小穂のみ。
リュウキュウスゲ2012.9.12-1

more »

ミヤマシロバイ

ハイノキ科 高さ5~20mの高木。
これは樹の下側から出た枝。取りあえず葉を写しましたが、上の方を見上げてもなかなか見つけられない程の小さい花がポツポツと咲き始めていました。
ミヤマシロバイ2014.2.22-1

more »

クロバイ

最近みた樹木の花を記録しておきたいと思います。

ハイノキ科 常緑の中高木
先月やんばるの道を走っていて目に止まりました。たまに通る道沿いですが、丁度満開の時は枝に雪がかぶったみたいにまっ白になるので気が付きます。見事でした。樹高は10m近くあったと思いますが、小さい画像では迫力が出ませんね。
クロバイ2014.2.2-1

more »

タシロスゲ

みんなで山から降りた時に岩の上に咲いていたカヤツリグサ科の花です。満開でした。(1/31)
resize33109.jpg

more »

クサビガヤ(ミゾイチゴツナギモドキ)

イネ科 イチゴツナギ属
先日スズメノカタビラを撮っている時、一緒に公園にたくさんあったので、これも写して来ました。
沖縄植物図鑑にミゾイチゴツナギモドキという名前で写真が載っていて、その中に、県内では1980年頃から沖縄市民会館あたりで見られるようになり、現在では沖縄市、嘉手納市の車道沿いで多く見られると書いてありましたが、その沖縄市民会館の駐車場で撮ってきたので、まずはこれだな。。と思って詳細を観察してみました。

帰化植物図鑑にはクサビガヤの名前で乗っていて、別名ミゾイチゴツナギモドキとなっていました。
もっと密集しているのを撮ってくれば良かったのだけれど。友人にはこんなものを持ち歩くと増えて大変だから気をつけろ、と言われました。確かに。。
resize33050.jpg

more »

サケバコウゾリナ

海岸の岩上に生えていた大型のキク科の植物は、花友さんと出かけた時にみました。その時は撮っていなかったので、後日2週間位経って行ってみたらその間で高さも成長し、大きいので1.5mを超えていました。

コウゾリナの仲間だとは思ったけれど、前に見た事のあるヤエヤマコウゾリナのほかにサケバコウゾリナ、カズザキコウゾリナと言うのもあって、今までなんとなく見ていたので今頃反省しています。全草は大きくて写しづらいですが、これで高さは1m20cm位ありました。全株微毛あり。。
resize32912.jpg

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索