私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

クロガヤ

カヤツリグサ科 クロガヤ属
過去にも何度か見ていましたが、花序が黒いのでクロガヤと片付けていました。たまたま黒い痩果を付けた株をみつけたので、ちゃんと見てみたくなり、撮って来ました。
クロガヤ2013.12.29-1

more »

スポンサーサイト

アリサンバライチゴ

バラ科 キイチゴ属 (別名 アリサンオオバライチゴ)
小雨が降る中、林縁を歩いていたらイチゴの花が咲いていました。見た目はリュウキュウバライチゴにそっくり、どう違うか分からないままに写して来ました。高さは1.5m程度の小低木。足元を這っているのも有りました。
resize31098.jpg

more »

ボウカズラ

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属

高い樹の上を仰いでみたらボウカズラがありました。ヒトツバの間から紐の様なのが見えてあれかなとレンズで拡大してみます。
resize31012.jpg

more »

チャボチジミザサ

山地の渓流の近くの湿った所で見かけます。最小のヒッツキムシさん。これがチャボチヂミザサかなと思います。草丈は根が出ている茎から斜上しながら10~15cm程度。でも更に葉鞘の基部から根が出てどんどん葡ふくしながら広がって行く。
resize30980.jpg

more »

ドナンコバンノキ

トウダイグサ科 コミカンソウ属

オオシマコバンノキ(タカサゴコバンノキ属)に良く似ていますが、こちらは葉が楕円形、花や果実の付き方にも違いがありました。高さは1.5~2m程度の低木。
resize30891.jpg

more »

トゲイボタ

与那国島の海に面した所は石灰岩の岸壁が多く、潮風が強く吹き付ける厳しい環境が多かったのですが、その荒れた岸壁に貼りつく様に這っていました。ほふく性の低木で枝は太く多数に分岐しています。枝の先端は棘の様になり、枝を触るのは注意が必要でしたが、細い枝だと強い風に負けて飛ばされてしまうだろうし、この環境に対応した姿の様です。
resize30925.jpg

more »

ヒメチヂレコケシノブ

コケシノブ科 コケシノブ属

樹幹や岩上に着生する小さなシダ。これは岩上で見ましたが葉柄があるので岩から浮いて見えるのでシダと分かりやすい姿でした。
resize30828.jpg

more »

アキカサスゲ

山の渓流で見ました。叢生し、葡蔔根茎があり広がっている様子です。長めの小穂がまっすぐ伸びているのがアキカサスゲの特徴かなと思いますが、大丈夫かな。
resize30796.jpg

more »

オガルカヤ (スズメカルカヤ)

イネ科 オガルカヤ属
以前伊平屋島で見かけていましたが、初めは変な形なので病気なのかなと思ったり、変わり者かなとか考えていたりしていました。でも、他で見かけてもやっぱり同じ姿なので、どうやらこれがこのオガルカヤの姿の様です。
乾燥した岩の丘のてっぺんです。といっても海岸も近いので他に海岸植物も生えていました。
resize30449.jpg


more »

ヘツカシダ属の葉脈

先日のオオオキナワキジノオの所へ再度出かけたので、それぞれの葉脈を見て来ました。

ヘツカシダの羽片は披針形、辺縁は羽軸に向けて1/3まで切れ込み(これはやや浅いかな)草質。葉脈が上面にやや浮かんでみえます。
ヘツカシダ2013.12.10-1

more »

やんばる日記(12月10~11日)

先日の山歩き、冬の花も色々有りますが、樹木の果実が多くなりました。色とりどりの実を見て歩くのも楽しいです。
オキナワヤブムラサキ(クマツヅラ科)
オオムラサキシキブは林縁で見られますが、こちらは山の中です。小さい果実はその気なって探さないと大抵見逃してしまうかも。
resize30638.jpg

more »

ハマアオスゲ⇒ヒゲスゲ

スゲ属 ヒエスゲ節
砂浜を歩いていた時、とても立派なカヤツリさんを見つけました。全体の姿の底辺の直径が1m位で、高さは70cmと大株で葉も小穂も瑞々しい姿でこれはアオスゲかなと思って撮って来たのですが、帰って調べてみたらアオスゲは草地や路傍に見られるので、似た姿で海岸に生えているのでハマアオスゲかなと考えました。花序より長く苞が上に伸びています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
また出かけて来て、画像を追加しました。ハマアオスゲではない事は分かりましたが、まだ攻略できていません。

痩果の画像を後から追加した事で、ヒゲスゲと教えて頂きました。
別名:イソスゲ 海岸の砂地やその近くの林縁に生え、密に叢生する。
resize30166.jpg

more »

チゴザサ

水田や湿地に生える多年生草本。茎は直立したり、下部で曲がった後直立して高さは30~80cm。前に西表島に出かけた時に写したものですが、小穂など持ち帰らなかったので詳細が写せていません。
チゴザサ2013.10.30-1


more »

やんばる3日間 季節の花

植物仲間と3日間やんばるを歩いて来ました。
でも、初日は生憎の雨時々曇りで、山には入らず車で走りながら林縁の樹木など見て回りましたが、それなりに季節の花を見る事が出来ました。いくつか季節の花や果実を載せてみます。

サザンカ ツバキ科
林道をゆっくり走らせて一番多くみられたのはサザンカの花でした。
resize30520.jpg


more »

オキナワオオガヤツリ

今日は風があまり吹かない穏やかな日だったので、近くの湿地に出かけてみました。
以前見たオキナワオオガヤツリの姿は少なくなって大きなイネ科ばかり目立ちましたが、探すと1m前後のがいくつか見つかりました。湿地の風景は季節で大分変化しますね。
これは120cm位の高さです。
オキナワオオガヤツリ2013.12.8-1

more »

この季節の花

この季節は寒いと言ったら県外の人に笑われそうですが、沖縄はそろそろ晩秋と言っていいのかな。冬がなくて秋からそのまま春という人もいますけど。。

先日実家に泊まったついでに東側の海岸へ行って見たら、丁度オキナワギクが満開でした。例年の花期をみても11月末~12月初めが一番いい時期の様に思います。
オキナワギク2013.11.30-1

more »

山口県でみたシダ⇒シシガシラ

先日の山口県岩国でみたシダの中で、名前が分からずそのままにしてあったシダですが、オサバグサの葉から連想(謎^^;)したのですが、もしかしたらオサシダかなと、思い付いて載せてみましたが。。これはシシガシラと教えて頂きました。

シシガシラ科 ヒリュウシダ属
resize30200.jpg
根茎が岩を這っている様子。葉身が線状長楕円形で先端が急に狭くなり鋭く尖る事、葉柄は短くて、基部近くまで耳状に小さくなった羽片がある。ソーラスは無かったけど、後で図鑑をみたら二形のシダなので、これは栄養用葉ではないでしょうか。

more »

オオオキナワキジノオ

オシダ科 ヘツカシダ属

オキナワキジノオとヘツカシダの交雑シダです。
何度か通った山の沢の小さい岩上にあるのを教えてもらいました。気にして探したりはしていたつもりでしたが、通り過ぎていた様です。この写真の右側の小さめのがオキナキジノオでもう胞子葉も上がっています。左側の大きめの葉のが本種です。艶があり綺麗なシダでした。
オオオキナワキジノオ2013.11.24-1

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索